カー用品や社外品パーツを買うなら、やっぱりネットで買うのがお得?

価格だけ見るなら…


車の用品や社外メーカーの部品を買おうと思った時に、まずはネットで価格を調べたりする人は多いと思います。

この時代、どんな物でもネットで簡単に内容や価格などを調べられますもんね。

でも、車の用品やパーツなどは、実際にカー用品店に行って、自分の車に合うかどうか店員に話を聞いたりして買いたいと思っている人も多いと思います。

しかし、価格比較サイトで調べて「最安値」を基準に「これぐらいの値段なんやぁ」って思いながらカー用品店や車屋に行ってみると、

「え、こんなに値段違うの? ネットが買う方がだいぶ安いやん!」

って感じになることが多いですね。

正直、ケミカル用品や室内の小物アクセサリーなどはホームセンターなどの安い店を探せば、店頭販売とネットでの値段の差はあまりないと思います。

しかし、価格が高い商品や取付作業が必要な社外品パーツは、電化製品や日用品などの商品に比べ、店舗で買うよりもネット販売のほうが圧倒的に安いと思います。

そんな場合は、やっぱりネットで安く買いたいですよね。当たり前ですけど(^^;)

しかし、車の用品・部品を自分で調べてネットで買う場合、注意しないといけないポイントがいくつかあります。

スポンサーリンク

社外品パーツは、トータルの値段で考えるのが正解!


おっさんも、よくお客様からスマホで商品画面を見せられて、

「このパーツ、ネットでこれぐらいの値段やねんけど、同じぐらいでいける?」

って聞かれることが多いですが、ほとんどの場合、

「安いですね~、ちょっと無理ですねぇ。すいません(汗)」

って、なることが多いですね。

取付作業が本人(お客様)で出来る部品であれば、「ネットで買うほうが安い」ってことになりますが、本人が出来ない取付作業(工賃がかかる作業)は少し違ってきます。

よく、部品だけお客様がネットで買って取付作業を依頼されることがあります。

いわゆる「部品持ち込みでの取付(交換)作業」ですね。

この辺は、店によって対応はいろいろですが基本的に持ち込みを嫌がる店が多いです。

持ち込みお断りの店もあって、持ち込みOKの店であっても、工賃が通常より高く(割引無しや基本工賃)になることが多いです。

しかも、その店で商品を買っていないので、取り外した部品(とくに処分に困る大きな部品)の処分に費用がかかったり、持ち帰りになるという場合もあります。

カー用品店や車屋・修理屋は、部品の販売と取付作業はセットが基本っていうのが一般的な考えなので、部品だけの価格でネット販売に競合しようとはあまりしないですね。

でも、ネット販売の安い価格を気にしていない店はないので、商品価格以外のことで安くしたりサービスをしたりといろいろ考えています。

なので、取り付ける部品や工賃設定によって違いますが、商品価格だけではなく、

部品代+工賃+アフターフォロー+手間や時間+その他のサービス

などのトータルで考えたほうがいいですね。

「ネットで安く部品は買ったが近くに取付してくれる店が無く、遠い店まで行って取付してもらったが工賃は高く結局、近くの店で全部任したほうが安くついた。」

って、いうのが、あるある話ですね。

面倒くさいかもしれないですが取付作業(工賃)が必要な部品を買う時には実際に店に行って工賃などを調べておいたほうがいいと思います。

そして、ついでに分からない事など、いろいろ相談してネットで購入するのと、どちらがお得なのかよく調べてからのほうがいいですね。

ネットでは安いだけ粗悪な類似品が多いの注意!


ネットで調べていると、見た目の内容も同じような商品が数多く売られてます。

とくに車関連の商品は多いですね。いわゆる「社外品の類似品」です。

「純正同等品」「品質保証」などの説明で、価格は通常の半額ぐらいだったりします。

補修パーツや見えない場所に取り付ける部品などは、「性能が同じぐらいなら安いのでええかぁ」って、なっちゃいますよね。

たしかに、価格が安く性能や内容も十分っていう物もいっぱい売られていますが、それ以上にダメな物も普通に売られています。

とくに消耗品などの純正部品の代替え部品として売られている物は注意が必要です。

よくある失敗例は、

「純正部品の半額ぐらいで社外同等品をネットで買ったが、実際の性能や寿命は、純正部品の半分以下だった。」

っていうのがあります。

ネットでの類似品などの安い商品の場合は、商品の良し悪しは口コミぐらいでしか判断が出来ないので、「はずれ」を引く可能性も大きいです。

実際、安くネット販売している店は「販売しているだけ」の店がほとんどす。

商品の知識もなく性能などのクレームにも対応していないことが多いです。

なので、車関係の用品・部品のネットでの購入は全て購入者の自己責任になることが多いので、その辺りを考えながら購入する必要がありますね。

取り付けた後の不具合(故障)の費用は実費が基本


自分で安い商品をネット購入して、カー用品店や車屋などで取付を依頼するケースで、一番ある失敗例(トラブル)が「部品を取り付けた後の不具合(故障)」です。

よくあるのは、「カーナビなどの電装品」「激安タイヤ」「消耗品」ですね。

とくにカーナビなどの電装品は、家電専門のネットショップがかなり安いのでネットで商品だけ買う人が多いです。

その場合、取付は自分で取り付ける人も多いですが専門的な知識が必要になるので店に依頼する人も多いと思います。

ただ、店に取付だけ依頼して、その後カーナビが故障した場合、どうなるかと言うと、また費用を払って取外し取付をしてもらうってことになります。

そして、自分でメーカーに連絡して修理(保障修理やクレーム)を依頼(修理手続き)することになります。

もちろん、郵送費は実費ですし、代替え商品なんてないです。

正直、ネットショップは初期不良や保障修理であっても、修理窓口にはなってくれないことがほとんどです。

取り付けた店側からしても、取付をしただけなので商品に関する不具合などのアフターサービスは、あまり関係ないという立場ですね。

けっこう、よくある話ですが個人(お客様)からすれば、かなり面倒くさい話です。

これが、タイヤや車両の重要部品であれば、もっと面倒くさいことになりますね。

なので、仮に取付後に不具合(故障)が起きた時の事も比較の1つとして、安く買えるネット購入か店での購入を考えることが重要です。

まとめ


正直、おっさんの経験から言うと、ネットで安く買うのが徳かどうかは、買う物(用品や部品)によってかなり違うと思いますね。

それと、それぞれ人の買い物に対する考え方ですね。

「安く買うんやから調べたり比較したりする手間と後のリスクはあるやろ」

って思える人は、あまり失敗することもなくお得と感じれると思います。

その逆に、「面倒くさいのは嫌やけど、安いほうがいい」って感じの人であれば、車の用品・パーツなどはネットで買わないほうがいいかもしれません。

おっさんの経験上、購入後に失敗したっていうお客様が多かったですね。

車屋の立場から説明するとすれば、

「車の用品・部品は、安易に安いからといって簡単に選ぶ(買う)と、後で逆に高い買い物になった」

ってことになる可能性が非常に高いと思います。

ちなみに簡単に例えると、スマホをSIMフリーで安くするか、壊れた時に安心のキャリア(店舗)で買うかって感じと似てるかなぁって思いますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

フォローする