ETC(1.0)車載器の簡単な選び方と取付けにかかる費用や種類の説明!

カーナビ・ETC・電装品

この時代、ETC(車載器)って車に乗るなら必須アイテムになっていますよね。

新車購入時には見積りの付属品欄にも当たり前のように入っていて、とくに機能(性能)など気にして購入している人って少ないと思います。

ま~、ちょっと迷うのは普通のETC(1.0)にするかETC2.0にどっちにするかってぐらいじゃないでしょうか。

でも、中古車購入時の場合などはETCが付いてない車もあったり、古くなって壊れたりすると自分で後から購入しないといけないってこともあります。

そんな時、買おうと思って、ちょこっと調べてみると、

「けっこう種類があるけど、機能とか何が違うんやろ?どれがいいんやろ?」

って、思う人も多いんじゃないでしょうか。

正直、ETCって使えたら何でもいいんじゃないのって感じの用品なので、詳しく機能や種類の違いを知っている人って少ないと思います。

そこで、基本的なETCの選び方や種類をちょこっと簡単に説明したいと思います。

ちなみに今回は、普通のETC(1.0)の車載器のお話で、ETC2.0については ↓↓↓

ETC2.0って普通のETC(1.0)と何が違うの?今買うならどっちがイイ?
この時代、ほとんどの車にはETC(車載器)を付けていると思います。 車に取り付けるオプションとしては便利アイテムというよりも必須アイテムに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

形状は「アンテナ分離型」が一般的

ETCの形状は、アンテナ(受信部)が別になっている「アンテナ分離型」とETC本体に内蔵されいる「一体型」の2つがあります。

ただ、今では「アンテナ分離型(セパレートタイプ)」が主流(ほとんど)になっています。

っていうか、現在個人用として普通に発売されている現行型のモデルで「一体型」なんて(たぶん)無いですよね(^^;)

ETCの普及し始めた頃は、形状により価格にそこそこの差があったので、価格の安いタイプの「一体型」も売れていました。

でも、ETC車載器自体が安くなり価格の差もほとんどなくなって、基本は「アンテナ分離型」になっています。

アンテナ分離型(セパレートタイプ)

アンテナをフロントガラスの上部(バックミラー辺り)や、ダッシュボードの前方に取付け、ETC本体は、

  • ハンドルの下部分
  • センターコンソールの中
  • グローブボックスの中
  • ETC車載器用 取付穴(車種で異なります)

に取りつけるのが基本になっています。

利点は本体の設置場所は決まっていないので、一体型のようにダッシュボードに置かなくても良いというところです。

やっぱり、車種に関わらず取付けられるという事と見た目がスッキリするといったところが一番ですね。

それと、ETCを車両の見えない所に設置できるので、ETCカードを挿しっぱなしに出来るという利点もあります。

一体型

ETC車載器本体にアンテンが内臓されているタイプでダッシュボードに置くタイプです。

一昔前では価格が安かったり、キャンペーンなどで無料でもらえたりしたので一体型を付けていた人(仕事の営業車などは多かった)もいましたが、最近ではほとんどいません。

現在では、ほとんど売れてなく販売している物でも新型が出ず古いタイプが販売されています。(性能が変わらないのであんまり関係ないですけど…)

取付場所も本体内蔵のアンテナの関係上、ほぼダッシュボードのセンター付近と決まってますので、車種によっては取付出来なかったりします。

価格 その他費用(アンテナ別体型の場合)

単独使用のETC本体価格は、約6,000円~12,000円ぐらいですね。

価格の差は性能の違いというよりもメーカーの違いや店の販売価格の違いが大きいです。

最近では通販(ネットショッピング)などで購入したほうが圧倒的に安いですね。ここは間違いないです!

店に取付を頼まず本人自身で取付出来るのであれば、通販が絶対にお得です。

ちなみに店舗で取付を依頼した場合の取付工賃の相場は、5,000円ぐらいです。

工賃は店によっての差ってあまりないですが、店舗で購入せず持ち込みの場合は少し高くなるかもしれないですね。

そして、必ず必要になるセットアップ費用は、2,500円~3,500円が相場です。

通販の場合は、セットアップ込の本体販売もありますので、そちらのほうが安くて手間が省けますのでおすすめです。

店頭販売店では「本体・工賃・セットアップの全部込価格」の販売が多く12,000円~16,000円ぐらいで購入・取付が出来ると思います。

グレード(種類)の違い

各メーカーでETC車載器のグレードは1~3種類有ります。

  • 単独使用の基本のグレード(音声案内有り)
  • 単独使用シンプルタイプ(音声案内無しの低価格品)
  • ナビ連動タイプ(なぜか価格は他に比べるとかなり高い)

って感じです。一番売れているのは、単独使用の基本のグレード(音声案内有り)です。

とりあえず、普通のETCを取り付けるって感じならこのタイプになります。

シンプルタイプは安いといっても、基本のグレードと500円~1000円ぐらい安いだけなのであまり売れていませんし、おすすめは出来ませんね。

ナビ連動タイプは、名前のそのままナビに連動するタイプです。

他に種類の違いといえば、「本体の形状(大きさ)や色」「スピーカーの位置(本体かアンテナ)」がメーカーで違う(選べる)ってぐらいです。

ナビ連動について

ナビと連動することでナビ画面に、

「料金表示」「ETCレーン表示」「ETC使用履歴」

などなど、いろいろな情報が表示されます。

新車の純正オプションのナビ・ETCであれば基本は連動していますね。

ただ、社外品でもナビに連動するタイプはありますが、普通(ETC1.0のスタンダード)のグレードは単独使用のみのモノが多くなってきています。

っていうのも、

  • 価格が安ければナビとETCが連動しなくてもいいって人が増えてきた
  • そもそも連動タイプは高い!安い単独使用のほうが売れている
  • これからはナビと連動タイプは次世代の機能が多い「ETC2.0」を推奨している

などの理由から、メーカーもETCのナビ連動にこだわらなくなってきていますね。

なので年々、低価格のナビには連動機能が無かったり、連動出来てもETC2.0の車載器のみの対応などになってきてます。

メーカーによってはナビ連動専用ETCになっていて、専用コード付属で配線もナビに繋げるだけって場合も多いです。

しかし、ナビ連動専用ETCは単体では動作しない機種も多く価格も高い(2万円~2.5万円ぐらい)くなっています。

なので、ETC単体だけの購入時にナビ連動タイプを選ぶ人って少なくなりましたね。

どっちかっていうと、

「ナビを高いモノ(上グレード)にしたから純正のようにETCも連動させたい!」

って、ナビを買う時に一緒にETCも同メーカーの連動タイプを選ぶって感じが多いです。

「ナビ連動タイプ」は各メーカーで1種類しかない場合がほとんどなのでメーカーの中でのグレードの選択肢っていうのはないです。

ちなみにナビ連動にするのであれば使い方にもよりますが、これからは「ETC2.0」を選んだほうがいいかもしれないですね。

おすすめは定番のコレ!

ETC パナソニックCY-ET926D

出典: パナソニック

パナソニック CY-ET926D(単独使用タイプ) メーカー商品HP

おすすめというか、ナビ連動をせずETC単体で使うのであれば一番人気の定番中の定番のパナソニックの現行型です!

価格も手頃なので、おっさんの店で販売取付する単独使用のETCは、ほとんどコレですね。

そして、一番のおすすめ理由としては、

価格がお手頃で定番商品という事と、スピーカーが本体にではなくアンテナに内蔵されているところ!

本体にスピーカーが内蔵されているモノは、グローブボックス内などに取り付けると音が聞こえにくくなったりして、取付場所が少し限られてしまいます。

コレであれば、アンテナ(内蔵スピーカー)は基本、フロントガラスの上部に貼り付けなので本体の取付場所を選ばない(自由)って感じです。

ただ、残念なところは色が黒しかないので、他の色がいいというお客様には他のメーカー商品を販売しています。

ま~、ETCを見た目(色など)で選ぶ人(嫌がる)は、ほとんどいないですけどね(^^;)

それとETCの基本性能(仕様)に関しては、たぶんこれを基準にしていると言っていいぐらいの定番商品です。

まとめ

「とりあえずETCは付けとかななぁ、普通のヤツでいいけど」

って感じあれば何も考えずに“パナソニックのETC”で間違いないと思いますね。

ETC選びは定番商品で間違いないです!

ただ、ナビ連動がイイって人にはETC車載機の製品選びに選択肢が無かったりETC2.0にするかどうかって感じになっちゃいます。

っていうかこの記事、ETCの選び方や説明じゃなく、おっさんの勝手なおすすめ商品の紹介になってますね(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーナビ・ETC・電装品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com