ETC車載器(機械)の選び方!価格・種類の比較とおすすめETC

カーナビ・ETC・電装品

ETC車載器(本体)選びは、簡単!

自動車を所有している人のほとんどがETCを付けていると思います。新車購入時に当たり前のようにオプションにも入っているので気にしている人も少ないと思います。

中古車購入時でも最近はETCが付いた車も多いと思いますが、まだまだ付いてない車もありますので簡単に説明したいと思います。

ETC車載器と言ってもいろんなメーカーから何種類も販売れています。しかし基本的な性能に関してはほぼ一緒です。

なので選ぶポイントとしては、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

形状のタイプは2種類 「アンテナ分離型」・「一体型」

ETCの形状は、アンテナ(受信部)が別になっている「アンテナ分離型」とETC本体に内蔵されいる「一体型」の2つになります。

それぞれに利点はありますが現在では、「アンテナ分離型」が主流になっていますね。

ETCの普及し始めた頃は、形状により価格にそこそこの差があったので、価格の安いタイプの「一体型」も売れていました。

しかし、ETC車載器自体が安くなり価格の差もあまりなくなったので、基本は「アンテナ分離型」になっています。

ETCを販売する側も、とくに「一体型」にする理由がなければ、普通に「アンテナ分離型」をおすすめすると思います。

アンテナ分離型(セパレートタイプ)

アンテナをフロントガラスの上部(バックミラー辺り)や、ダッシュボードの前方に取付け、ETC本体は、

  • ハンドルの下部分
  • センターコンソールの中
  • グローブボックスの中
  • etc車載器用 取付穴(車種で異なります)

に取りつけるのが基本になっています。

利点は本体の設置場所は決まっていないので、一体型のようにダッシュボードに置かなくても良いというところです。

やっぱり、車種に関わらず取付けられると、見た目がスッキリするといったところが一番ですね。

それと、ETCを車両の見えない所に設置できるので、ETCカードを挿しっぱなしに出来るという利点もあります。

一体型

ETC車載器本体にアンテンが内臓されているタイプです。

一昔前では価格が安かったり、キャンペーンなどで無料でもらえたりしたので一体型を付けていた人(仕事の営業車などは多かった)もいましたが、最近ではほとんどいません。

現在では、ほとんど売れてなく販売している物でも新型が出ず古いタイプが販売されています。(性能が変わらないのであんまり関係ないですけど…)

取付場所もアンテナの関係上、ほぼダッシュボードのセンター付近と決まってますので、車種によっては取付出来なかったりします。

なによりもダッシュボードの上に取付するのが最近で法律上(前方の視野の妨げ)でダメになってきてるので、これからETCを購入しようとする人にはおすすめできません。

価格 その他費用 (アンテナ別体型の場合)

本体価格は、約6,000円~12,000円ぐらいですね。

価格の差は性能の違いと言うよりもメーカーの違いや店の販売価格の違いが大きいです。

最近では通販(ネットショッピング)などで購入したほうが圧倒的に安いですね。ここは間違いないです!

店に取付を頼まず本人自身で取付出来るのであれば、通販が絶対にお得です。

ちなみに店舗で取付を依頼した場合の取付工賃の相場は、約5,000円です。

工賃は店によっての差はあまりないですが、店舗で購入せず持ち込みの場合は少し高くなるかもしれないですね。

そして、必ず必要になるセットアップ費用は、2,500円~3,500円が相場です。

通販の場合は、セットアップ込の本体販売もありますので、そちらのほうが安くて手間が省けますのでおすすめです。

店頭販売店では「本体・工賃・セットアップの全部込価格」の販売が多く12,000円~16,000円ぐらいで購入・取付ができます。

グレード(種類)の違い

各メーカーで単体使用のETC車載器のグレードは1~3種類有ります。

種類としては基本のグレードが有り、そのグレードの基本以外の機能「ナビ連動機能」があったり、音声案内などが無い「シンプルタイプ」があるくらいです。

販売価格の差は販売店によって違いますが、1,000円ぐらいの差やと思います。

他の違いと言えば形(大きさ)や色、スピーカーの位置(本体かアンテナ)を選べるぐらいですね。

ナビ連動について

ナビと連動することで、ナビ画面に「ETCレーン表示」「料金表示」「ETC使用履歴」など表示されます。

新車の純正オプションのナビ・ETCであれば、ほとんどが連動しています。

社外品でも連動するタイプは多数ありますが、最近ではナビ側に連動機能が無かったり新型ETC車載器(2.0)のみの対応などになってきてますね。

  • ナビとETCの連動しなくても、とくに不便ではない。気にしない人が増えてきた
  • そもそも価格が高い、価格の安い単独使用(連動無し)のほうが売れている
  • これからは、ナビと連動タイプは次世代の機能が多い「ETC2.0」を推奨している

などの理由から、メーカーも従来のETCのナビ連動にこだわらなくなってきていますね。

メーカーによっては、ナビ連動専用ETCがあります。専用コード付属でナビに繋げるだけで作動します。

しかし、ナビ連動専用ETCは単体では動作しない機種も多く価格も高い(2万円~2.5万円ぐらい)ことから、ETC単体の購入はあまり売れていませんね。

「ナビを高い物(上グレード)にしたから、ついでにETCも連動させてい、ナビで料金を見たい!」

って今では、そんな人向けの商品って感じです。

「ナビ連動タイプ」は各メーカーで1種類しかない場合が、ほとんどなのでメーカーの中でのグレードの選択肢はないです。

ちなみにナビ連動にするのであれば「ETC2.0」のほうがいいかもしれないですね。

ナビ連動タイプと価格帯もそんなに差がなくなってきているので ↓↓↓

ETC2.0とは!従来のETCと何が違うの?今買うなら2.0?
次世代のETCだけど... この時代、ほとんどの車にはETC(車載器)が付いていますよね。 車に取り付けるオプションとしては便利アイ...

おっさんのおすすめ ETC車載器

cy-et925d

出典: パナソニック

パナソニック CY-ET925KD アンテナ別体型 です。→ メーカー商品HP

おすすめと言うか、ナビ連動をせずETC単体で使うのであれば定番中の定番です。

価格も手頃でおっさんの店では販売取付するETCはほとんどこれですね。

それと同メーカーで少し価格が安いシンプルタイプの「CY-ET912KD」もあって、よく売れていて人気です。

ただ、価格差も数百円なので、おっさんは「CY-ET925KD」がおすすめしています。

定番商品ということもありますが、このETCの良いところはスピーカーが本体にではなくアンテナに内蔵されているところです。

本体にスピーカーが内蔵されている商品は、グローブボックス内などに取り付けると音が聞こえにくくなり、取付場所が少し限られてしまいます。

この商品であれば、そういった理由から取付場所を選ばないで済みますね。

ただ、残念なところは色が黒しかないので、他の色がいいというお客様には他のメーカー商品を販売しています。

正直、ETCを見た目(色など)で選ぶ人は、ほとんどいないですけどね(^^;)

ETCの基本性能はたぶんこれを基準にしていると言っていいぐらい定番です。

ネットで買うならセットアップ込みがおすすめ! 楽天 ↓↓↓

やっぱり、ETCに関してはネットで買うのが一番やすいですね。

正直、普通の車屋が部品屋から仕入れるより安いです(汗)

おっさんもネットで仕入したいなぁ~って思いますが、初期不良や保証の対応があるので通常の部品屋から仕入れます。

ちなみに、おっさんの店では取付して全部込で13,000円(税込)で販売しています。

たぶん、他の車屋さんもおまかせであればこれを売っていると思いますね。

まとめ

「とりあえず、ETCは付けとかななぁ。ベタな物でいいけど」

って感じあれば何も考えず「パナソニック CY-ET925KD」で間違いないと思いますね。

ただ、ナビ連動がいいって人にはETC車載機選びではなく、ナビ選びやETC2.0選びのほうになっちゃいます。

って言うか、この記事、ETCの比較や選び方じゃなく、おっさんの勝手なおすすめ商品の紹介になってますね…

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーナビ・ETC・電装品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com