ETCカードの賢い選び方ってあるの?自分に合ったカード選びって?

カーナビ・ETC・電装品

この時代、車にはカーナビと同様にETCが付いているのが当たり前になってますよね。

なので、車を所有していれば、ほとんどの人がETCカードを持っていると思います。

ただ、ETCカードに関しては、クレジットカードのように自分に合ったカード選び(カード会社選び)をしていない人って意外と多いんですね。

ま~、個人でのカードの使い方は基本どんなETCカードでも一緒なので、

「とりあえず、どこのカード会社でも同じやから1枚持っていればええかな」

って思ってる人が多いです。それが普通やと思いますけど。

おっさんも、たまにお客様とETCカードの話をしていても

「ETCカード作った時、カードの比較とかしたかなぁ?適当に作ったんちゃうかな、覚えてないわ」

って感じのお客様が多いですね。

でも、やっぱり自分にあったETCカード選びってあると思います。

それによって、人それぞれ、得とか損もあると思うんですよね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ETCカードってどうやって作るの?カードの種類は?

ETCカードの作り方(申込み方)として大きく分けて

  • クレジットカードのオプションカードとしてクレジット会社に申し込む
  • ETCカードのみ(コーポレートカードなど)を組合や日本高速道路㈱に申し込む

の2パターンですね。

クレジットカードのオプションでETCカード

個人の場合、ETCカードを作る方法としては一般的で、ほとんどの人はこの方法です。

クレジットカードを持っていれば、審査や新規契約などの手続きはありませし、電話やネットで追加カードとして簡単に申込み(手続き)が出来ます。

とくに発行手数料などもかからず、年会費も無料や500円など安く気軽に持てます。

ただ、基本的にクレジット会社でETCカードを単体で作る(申し込む)ことは出来きないですね。

なので、クレジットカードを持っていない人はETCカードを作る為に、新規にクレジットカードを申込んで同時にETCカードを申し込むって感じです。

ETCカードのみ(ETCパーソナルカード)

ほとんど個人では持たない、おすすめしないETCカードですね。

クレジット会社が発行するものではなく、高速道路6会社が共同で発行する有料道路だけに使用を限定したETCカードです。

クレジットカードを持っていない(カードを作れない)人のためのETCカードです。

個人で普通の使い方でクレジットカード付帯のETCカードを作れる人にとっては、メリットはなくデメリットしかないカードですね。

どんなデメリットかと言うと、

  • 発行手数料や年会費がいる場合がほとんど
  • クレジットカードみたいにポイントがつかない
  • 保証金(デポジット・委託金)が必要
  • 保証金によって利用制限がある

って感じで、あまり普通の人には関係のないETCカードですね。

ETCカードのみ 仕事用(ETCコーポレートカード)

ETCコーポレートカードは、日本高速道路㈱が発行する法人(個人事業主)向けの仕事用のETCカードです。

ETCパーソナルカードと同じでETCのみの発行で、年会費や保証金がいるカードです。

ただ、このカードの大きなメリット(違い)は「大口・多頻度割引」などの割引制度があることですね。

「仕事で高速(有料)道路をよく使う車にはかなり割引があって得するETCカード」って感じです。

仕事用でのカードなので、使用制限や決まり事(利用規約)が厳密に定められているいますが、それでも料金がお得になるカードですね。

申込は、日本高速道路㈱に直接申し込めますが、手続きが簡単で少しメリットがある「共同組合」から申し込む人(法人)が多いです。

なので、このカードを使っている人は「組合系の高速が安くなるETCカード」って言う人が多いですね。

ちなみに、ネットでよく見かける共同組合は ↓↓↓

会社選びはクレジットカード選びと同じ考え方で!

ETCカードとクレジットカードの違いは、

  • ETCカードは、高速の料金所(ETCレーン)やETC対応場所(ETC2.0)のみ使用できる。その他の支払い(買い物)などは出来ない。
  • クレジットカードは、高速の料金所(ETCレーン)などには使用出来ない。

の使い方の違いだけですね。

「請求書・請求先(引落口座)」「カード会社のポイント」などは、クレジットカードの一部(オプション)になりますので、全く同じです。

買い物などのカード払いと同じような感じでクレジットカードの請求書(明細書)に記載されると思います。

なので、ETCカード=クレジットカードという考え方でETCカードもクレジットカードと同じような選び方をしたほうが良いです。

クレジット会社によって年会費が無料と有料がある

クレジットカードの選び方で、一番多いのはやはり年会費やと思います。

その次に「利用ポイント」「よく利用する店舗など買い物に割引サービスがあるか」などですね。

しかし、クレジットカードが年会費無料だからといって、ETCカードも同じように無料とは限りません。

何気に今もっている年会費無料のクレジットカードで知らずにETCカードだけ年会費を払っている人って意外と多いと思います。

とくにクレジットカードも使わず、あまり高速も乗らない人は明細書も見ないことが多いので年会費に気づいてないって感じですね。

なので、クレジットカードが年会費無料だからETCカード年会費無料と何となく思っている人は一度調べたほうが良いと思います。

気に入ったクレジットカード(ブランドが好き・ポイントが多いなど)で分かっていてETCカードの年会費を払っている人は別ですけどね。

この時代、ポイントもカード選びの重要な条件

よくETCを使う人(高速をよく使う人)は、カード会社のポイントもかなり大きいです。

とくに通勤で高速を使っている人仕事でも自分のETCを使っているって人には、このポイントはかなり大きいです。

それにクレジット会社によって様々なポイントサービスがありますもんね。

クレジットカード内の買い物と同じポイントになるので、買い物なのでポイントを集めている人であれば、カード選びの1番の条件になるんじゃないでしょうか。

仮に年会費がいるとしてもポイントで選んだほうが、かなりお得な場合もありますし。

ETC専用カードとETC一体型カード どちらを選ぶ?

クレジット会社でETCカードを作る場合、ほとんどのカード会社は2種類のどちらかのカードを選べます。

  • ETCカード(専用) 上記で説明したETC専用のカード
  • ETC一体型カード クレジットカードとETCカードが1つになっているカード

ですね。

ここは迷わずETC専用のカードをおすすめします!

理由としては、ETCカードをETC車載器に挿しっぱなしにしている人が多いからですね。

車屋もETCカードが普及し始めた頃は「使用しない時は、念のためにETCカードを抜いて下さい」などとお客様に言っていました。

しかし、今までETCカードが盗まれた被害などほとんど聞かないので、最近では挿しっぱなしでも問題ないという車屋がほとんどです。

でも、「ETC一体型クレジットカード」であれば、車の盗難・車上荒らしなど室内品の盗難があった時クレジットカードが盗まれたことになります。

これは大変なことになりますね。

しかし、ETC専用カードであれば、盗まれても使い道はETCのみになります。

高速料金所やETCの使える所であれば、必ず車両情報や日時などが記録されますので、泥棒は決して使わないです。(たぶん、盗みもしないです。)

なので、特別な理由がない限りETC専用カード(普通のETCカード)を選んだほうが間違いないです!

ほとんどの車屋は同じような意見やと思います。

まとめ

ETCカードに関しては車に使う物ですが、基本はクレジット会社の取り扱いになるので車屋はお客様に説明したりしないですね。

もちろん、おっさんの店もそうですが車屋はオートローンの取扱い店(クレジット会社の加盟店)なので、オリコなどのETCカードの申込窓口になっています。

でも、車屋(中古車屋)からETCカードを作るって人は少ないと思います。店側もあまり勧めたりしないですね。

新車ディーラーは車のローンを組んだ時にけっこう勧めてくるらしいですけど(^^;)ノルマみたいなものがあるんでしょうね。

やっぱりJCBカードや楽天カードなどの買い物メインのクレジット会社でETCカードを作っている人が多いと思います。

ってことで、いろいろ説明しましたが車屋の考え方と言うより、おっさん個人の勝手な考え方でした(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーナビ・ETC・電装品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com