プリウス 30系 リアドアのスピーカーを社外品に交換・取付

ケンウッド KFC-RS173 に交換


プリウス 30系 前期型(後期型も同じ)のリアドアのスピーカーを社外品に交換です。

お客様からの社外品への交換の依頼ですが、メーカーや商品などの希望がなく予算内(低価格)でのお任せということで、おっさんがチョイスしました。

選んだのは、ケンウッドのコアキシャルスピーカー「KFC-RS173」

KFC-RS173

選んだ理由としては、

  • フロントスピーカーも同時に交換でケンウッドにしたのでメーカーを合わせた
  • 17cmのコアキシャルスピーカーでは性能に対して価格(販売価格)が安い
  • 付属品の「ブラケット」が使用出来るので、別途マウントを買わなくて済む

という、価格とポン付け出来るといった理由が大きいですね。

プリウスの場合は、フロントスピーカーがツィーター(ダッシュボード)と別になっているので、純正位置のまま交換であれば、セパレートタイプのスピーカーと取付部品が必要になります。

ケンウッドは、別売りのブラケットのセット「SKX-300S」を買えば加工せずにポン付け出来るので、フロントスピーカーはケンウッドを選ぶ人が多いですね。

なので、リアドアのスピーカーも同じケンウッドにする人は多いと思います。

スポンサーリンク

交換作業・手順


トヨタ用ブラケット

まずは、付属のブラケットは各メーカー対応なので説明書を見ながらトヨタ用に不要な部分をカットしていきます。

しかし、このブラケットは他のメーカー付属の物よりショボイ感じですね。ま~、メーカーも考えて作っていると思うけど…

防振パッキン貼り付け

そして、ブラケットとスピーカーに付属の防振用のパッキンを貼り付けます。よくパッキンを貼るのを忘れる人が多いのでお忘れなく!

これで、スピーカーとブラケットの準備OKです。

スピーカー交換


リアドアの内貼りを外していきます。最近のトヨタ車の内貼りは簡単に外せますので説明は省略です。

詳しい取外し方法は、こちら↓↓↓

アルパイン クルマ別製品取付け情報 http://www.alpine.co.jp/support/fitting/

リアドア内部

説明書には、いろんな車種の内貼りの外し方が書いてありますが、なぜかプリウスはなかったです。アクアとヴォクシーがありましたが、だいたい同じですね。

純正スピーカー

最近のトヨタ車は、スピーカーをリベット止めしているのでドリルでリベット穴をあけ潰して取り外します。

ま~、難しくはないですが面倒くさいですね。ドリルもいりますし。

コツとしては、途中まで穴をあけるとリベットも一緒に回ってしまうので途中からペンチやニッパーで挟みながらグリグリしていきます。

ブラケット取付

純正スピーカーが外れたらブラケット取り付けます。

ここで思うのが「やっぱりブラケット、しょぼいかな・・・」って感じですね。とくに今回はフロントスピーカーに別売りのブラケットを付けるので。

とりあえず付けて様子見て、お客様が気になるようやったらブラケット変えようかな。

そして、付属のトヨタ用の変換コードを取付けます。おっさんはスピーカーコードをドアの内部(裏側)に通しています。

本当は、スピーカーコードをスピーカーとブラケットの間を通すのが普通ですね。ま~、配線を通す場所は人それぞれですね。

配線を通して固定

この時に長くなった配線やカプラーは振動でカタカタ音が出る場合があるので、クッションテープを巻いて別の配線やボディなどに固定しておいたほうがいいですね。

リアスピーカー取付

スピーカーを取り付けて、付属の防滴のパッキンを貼りつけます。

あんまりこの防滴のパッキンは、このリアドアには無意味っぽいですが一応説明書どおり張り付けました。自分の車やったら付けないかなぁ。

最後に内貼りを元通りにして完成ですね。

つづいて、フロントスピーカー(ツィーターセット)の交換は ↓↓↓

プリウス 30系 フロントスピーカーを社外品に交換・取付 その①
ケンウッド KFC-SS1700 に交換 プリウス 30系 前期型(後期型も同じ)のフロントドアのウーハーとダッシ...
プリウス 30系 リアドアのスピーカーを社外品に交換・取付
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする