修復歴車(事故車)って買っても大丈夫?乗るのに問題はない?お得?

修復歴車は安いけど不安?


ネットなどで中古車を探していると普通に修復歴車(事故車)って売られていますね。

ひと昔前では修復歴は「ん~、ちょっと…」って感じの人が多く、販売する車屋側としても「事故車は売れにくいかなぁ」って感じでした。

事故車という言葉(意味)は曖昧で、とりあえず「何かあった車は事故車」って感じのイメージでしたもんね。

ただ現在では、修復歴車としての分類(事故車・訳アリ車との区別)もしっかりされていて一応、ちゃんとした定義も出来ています。

なので、お客様(買う側)も車屋(売る側)も

  • 「修復歴車=ちょっと不安=売れない=だから安い」は古い考え方
  • 「修復歴車=選ぶのは気持ちの問題=相場より安い=お買い得」が今の考え方

って感じに今はなってると思います。

と言っても、車屋と違いお客様(ユーザー)からすれば、修理の度合い(過去の事故の大きさ)がイマイチ分からないですよね。

なので、今でも「やっぱり修復歴車を買うのは不安」って人も多いと思います。

そこで、中古車屋がお客様に聞かれた時に説明する内容はこんな感じ!

スポンサーリンク

正直、どうなの?乗っていても大丈夫?


修復歴車と言っても、修復(事故での修理)の度合いが1台1台違うので、一概に「修復歴車はこんな感じ」っていうのはないですね。

自分で軽くぶつけて当たり所(修理箇所)が悪く、たまたま修復歴車になってしまった車から、大事故で廃車寸前になってたのを修理した車までいろいろです。

ただ、前オーナーは事故を起こして、またその車を乗るために修理しているので大半の修復歴車は、ちゃんと乗って問題がないように直っていますね。

なので、よくある単純なイメージで「事故車は真っすぐ走らない、ふらつく、曲がらない・止まらない」っていうようなことは、ほとんどないです。

そもそも、足回りの損害や大事故での修理の場合、見た目(外装)よりも車がちゃんと走るように直すっていうのが最優先ですから。

直す修理屋も、ちゃんと元通りに走れるようにならないってような車なら、修理はしないほうがいいって判断やアドバイスをすると思いますね。

どちらかと言うと、気を付けないといけないのが「外装や内部の骨格部分」です。

機能(性能)は、安全面などから妥協した修理は出来ないですが、外装などの鈑金塗装の修理は、予算などで仕上がりが変わってきます。

簡単に言えば、お客様の予算によっては塗装がテキトーだったり、内部の骨格が寸法合わせだけで鈑金塗装せずに見た目が汚いままって感じになります。

保険修理で、ちゃんと直しているのと、自腹で出来るだけ安く直しているのかで修理内容が大きく変わっってくることってよくありますね。

  • 「バンパーやドアの取付がちょっとズレている、何か変?」
  • 「ボンネット開けたら、骨組みが傷だらけで引っ張りたりしているのがすぐわかる」

って、なんか気持ち的に不安になるやつですね。

こんな感じの車は、やっぱり車としての価値(査定額)が下がってしまいますが、乗っての安全性で言えばあまり関係ないですね。

なので、「修復歴は乗って大丈夫?安心?」って聞かれれば、車屋として「一応、直している修復歴車であれば大丈夫」だと、おっさんは答えてます。

修復歴車の購入は店選びが重要!


欲しい中古車に修復歴があったり、安いから修復歴車を購入しようと思った時の選び方(買う判断)は、その車両選びというよりも店選びが重要やと思います。

って言うのも、普通の考えの車屋であれば、修復歴車の販売に関しては、性能面はちゃんと直っているって前提で展示(小売り)しています。

もし、下取りや買取りで入庫した車が

「何じゃコレ、直し方ヒドイな~、ちゃんと直ってるんかなぁ、微妙…、ちょっと小売りしにくいなぁ」

って感じであれば、展示(小売り)ぜず、オークションに出したり業販(事故車専門店に売る)したりしてすることが多いです。

なので、店頭に変な怪しい修復歴は並ばないことが多いです。

理由としては、外観などの修理箇所の程度(具合)は、車を見ながら説明などをちゃんとしてお客様に修復歴車として納得してもらえます。

ただ、見た目では分かりづらく乗って不具合があるような箇所は説明しにくく、後でトラブル(クレーム)になることが多いです。

結果、店側は車を売って逆にお金がかかり損をするっていうふうになっちゃいます。それにお客様も後々、逃げちゃいますし。

そもそも、店側の人間がお客様に説明できないような商品は売れにくいですよね(^^;)

なので、普通の商売の考え方をもった中古車販売店に展示されている修復歴車で言えば、「乗るのには問題なし!見た目や気持ち・価格の問題」って感じですね。

ただ、販売する車屋が悪徳業者(ダマし売り)やいいかげん(ちゃんと修復歴の判断が出来ない)な店もあります。

そんな店で車で修復歴を買っちゃうと「大丈夫かなぁって思ったけど、やっぱり事故車はアカンわ!」ってなるかもしれませんね。

はっきり言って素人(個人ユーザー)は、個々の車両の修復歴の度合いや修理具合を見分けることはほぼ無理やと思います。

やっぱり、店側の車両販売に対する考え方や対応(アフター)、信用度がポイントになるので失敗しない買い方は店選びが重要になると思います。

ちなみに修復歴車を見に行く時のポイントは↓↓↓

中古車購入時に車(展示車)の修復歴(事故歴)って見分けられるの?
正直プロでなくては、なかなか難しい 中古車を買おうかなぁって時に 「修復歴車(事故車)やったらどうしょう?ダマさ...

修復歴の度合い・程度は基本、販売価格に比例する!


修復歴がある車は、ひとくくりに「修復歴車」ってなっちゃいますが、修理具合(部分)で「修復歴 大・中・小」ってあいまいな言い方があります。

ちょっとバックしてて電柱にぶつけてリアバンパーが凹んだぐらいの運悪く修復歴になったしまった車は「修復歴 小」って感じです。

その他、修理具合(修理代)の大きさによって中や大などの言い方をします。

直し方(修理の仕方)によっても「完璧」「普通」「テキトー」って感じがあります。

当たり前ですが、この修復歴の度合いや直し方に比例して車の価値(販売価格・査定額)が変わってきます。

当然、修復度合いが多きかったり直し方が悪いと、価値が下がっていきます。

なので、中古車の価格を調べる時や購入の判断としては、

「安い理由は修復歴だから、その中で安いほうが単純にお得」ではなく「安いほうが修復度合いが大きかったり直し方がテキトー」

って考えが正解やと思います。

決して、修復歴車だからって理由だけで、同じ車種の修復歴なしの相場よりも極端に安くなることはないですね。

軽自動車の場合など、ちょっと当てたぐらいでも修復歴車の定義に当てはまってしまう車種は、あまり価値は下がらないですね。

逆に高級車などは、修復歴の有無や直し方(キレイに直っているか)によって、かなり価格に反映されることが多いです。

まとめ


そもそも修復歴車とは、単純に修復歴の定義に当てはまる車のことですね。

事故車って言い方もあるので、ちょっとややこしいですが「交通事故をした車」=「修復歴車」では、ないってことです。

なので、「修復歴車は乗るのに大丈夫?」って考え自体が少し違うかもしれませんね。

車屋側からすれば、修復歴があるってことで普通の相場では売りにくく車の価値が下がるって単純な考え方です。

修復歴車は一応、分類されていますが基本的には多走行の車などと一緒の査定(価値)の付け方です。

多走行と修復歴のある車は安いって単純なイメージで正解やと思います。

本当に中古車を買う時に気を付けないといけないのは、

「大事故車」「直っていない車」「水没(冠)車」「訳アリ車」

です。

ただこの辺りは、車を見に行って、その場で分かるようなものではないので、正直そこの店員に聞くしかないです。

なので、やっぱりその車両が「修復歴車は大丈夫?」というよりも「この店の修復歴車はどうなのか?」という考え方のほうが大事やと思います。

自分の感覚(判断)で、その店(店員)の言うことが信用出来ると思って内容と価格に納得出来たら、後で「失敗した」ってことはないと思いますね。

修復歴車(事故車)って買っても大丈夫?乗るのに問題はない?お得?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする