レギュラー仕様の車にハイオクガソリンを入れて燃費は上がるのか?

基本は変わらないが試す価値はアリ!


お客様との世間話をしていると

「普通の車にハイオク入れたら車にええの?燃費って上がるの?」

って感じのことを、よ~く聞かれます。

いわゆる、レギュラーガソリン使用の車に価格が高いハイオクガソリンを入れたほうが、車に良く性能や寿命、とくに燃費が上がるんじゃないかという疑問ですね。

レギュラーより価格が高い分、それなりに効果があると思っちゃいますよね。

しかし、一般的な答えをすると、「ほとんど変わらない」「効果はない」です。

ただ、おっさんはお客様に

「1回ハイオク入れて燃費比べてみてはどうですか?乗り方や環境、車によって上がる場合があります。」

って答えたりしてます。

そこで、難しい説明や理屈は抜きにして、車屋なりの簡単な説明をしたいと思います。

スポンサーリンク

基本は「ほとんど効果はない」が一般的な考え方


ガソリンについてはネットで調べてみても、いろんなサイトで説明や検証していますが、多くのサイトで「効果がない」と同じようなことを書いていますね。

「その車種に指定されたガソリンを入れるのがベスト!」

って、答えが多いです。車屋からしても、ごもっともな意見やと思います。

そもそも、ガソリンに関してはエンジンオイルのように「高価な物=性能が良い」といった考え方ではなく、エンジンの仕様に合わせたガソリンの種類(オクタン価)の違いといった考え方です。

ガソリンのオクタン価については、いろんなサイトで詳しく説明してますので、ここでは省略します。

ま~、簡単に言うと普通のエンジンにはレギュラー、スポーツカーや高級車などの高性能エンジンにはハイオクって感じですね。

高性能エンジンは、指定(カタログなどの数値)のパワーを出すためにエンジンオイルの種類なども細かい条件があります。ハイオク仕様となっているのも、その中の1つです。

なので、レギュラー仕様の普通のエンジンにハイオクを入れても「意味がない」「性能は上がらない」といった考え方が一般的です。

個々の車によっては効果がある場合もある!


おっさんの経験やいろんなお客様の話を聞いていると、中には「燃費がよくなった」「パワーが上がった」などの話をちょくちょく聞きます。

車って不思議なことに乗り方・使い方・環境などにより、車1台1台ごとにエンジンオイルやガソリンなどの相性が変わってくるんですね。

よく言われるのは、古い車や多走行の車などは新車の時よりもエンジンのパワーが下がっているので、ハイオクを入れることにより少しパワーが上がり(戻り)、燃費が良くなるといった感じです。

エンジンのパワーが上がると加速時や同じ速度で走っていてもアクセルを踏む量が減りますので、その分、燃費は良くなりますよね。

たしかに、ハイオクでパワーが上がるという意味ではなく、パワーを回復させるといった意味では効果があるかもしれまん。

おっさんは中古車屋なので、このような話はよく聞きますね。

逆に新車に近い新しい車などは、一般的な乗り方・使い方で、ハイオクにして燃費が上がったって話はあまり聞かないですね。

最近の車のほとんどは、コンピューターでエンジン制御していて常に最適な燃費に自動調整しているので、ガソリンを変えたぐらいでは何も変わらないことが多いです。

そもそも、この低燃費自動車の時代にそれで燃費が上がるならメーカーは苦労して低燃費自動車の開発をしてないですよね(汗)

しかし、これもまた乗り方・使い方・環境によって一概ではありませんね。

坂道の多い地域、通勤や仕事での使い方では、「ハイオク入れて燃費が良くなった」って話は聞きます。

なので、おっさんは、「車種ではなく、その乗っている車で燃費が良くなるな可能性はある」って思ってます。

ハイオクに入っている「清掃剤」って効果あるの?


ハイオクには、レギュラーにない「エンジン清掃剤」などが含まれています。

エンジン内部をキレイな状態にする(保つ)もので、エンジンに優しいと言われますね。

そのことにより、エンジンに調子が良くなる=パワーが上がる=燃費が良くなるって感じです。

この清掃剤も「ハイオクを入れようかなぁ」って思う1つの要素ですね。

ただ、正直なところ実感できるほどの効果は、ほとんどないと思います。

一昔前のハイオク(オクタン価を上げるため)には、成分にエンジンを汚す物質が入っていたため、それを防止するために洗浄剤を入れていました。

しかし、現在のハイオクは、そのようなことはないので、単に商品価値を上がるためのものになっています。

正直、清掃の効果も少なく市販されている清掃剤(添加剤)などのほうが、効果もありコスト面でも良いですね。

なので、ハイオクを入れようかなって考える時に「清掃剤が入っているから」って思うのは、あまり意味がないと思いますね。

まとめ 価格差の価値はあるかがポイント!


レギュラーとハイオクの価格の差は、リッター10円ぐらいですね。

簡単に言うと、この10円の差よりも燃費が良くなったり、エンジン調子が良くなった(パワーが上がった)と感じることが出来れば、ハイオクを入れたほうが良いってことです。

燃費で言うと、リッター10kmぐらいの車であれば、0.5~1kmぐらい良くなれば、ハイオクを入れたほうが良いって感じやと思います。

これぐらい燃費が良くなるってことは、パワーも上がっていると思いますしエンジンとの相性も良いと思います。

ただ、ハイオクを入れて燃費が良くなるのは、10台に1台ぐらいで確率としては1割ぐらいやと思いますね。

もし、「ハイオクを入れたら変わるんかなぁ」て思うのであれば、1回ハイオクを入れてみて燃費を計ってみたり、加速や坂道などの力強さなどを比べてみたりするもの良いかもしれません。

それで、価格の差よりも効果が大きいと自分で実感出来るのであれば、ハイオクをおすすめしますね!

最後にハイオク仕様にレギュラーガソリンを入れるのはダメです。

それと、レギュラー仕様にハイオクを入れると稀に燃費が悪くなったり調子が悪くなる車があります。壊れはしないですけどね。

ちなみに、おっさんが乗っていた車でも全て試してみましたが、5台中1台だけ効果がありましたね。

レギュラー仕様の車にハイオクガソリンを入れて燃費は上がるのか?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする