2個1(2コ1)の車って、中古車で本当に売られているの?

おっさんの独り言

普通の車屋なら都市伝説レベルの話

みなさん、「2個1車」って言葉は1度は耳にしたことがあると思います。

事故などで前部(後部)が潰れた車に同じ車種の違う車をくっ付けて直すって感じの車のことですね。

世間では2台の車を真っ二つに切って前と後ろで繋げたある車ってイメージやと思います。

たま~にお客様と雑談をしている時に

「今でも2個1の車って本当に売られているの?」

「走ってたら、真っ二つに裂けてルパンの車みたいに飛んでいくの?」

なんて、冗談で聞かれることがあります(^^;)

ま~、ネットなんかで調べてみたりすると「中古車を買ったら2個1車だった。ダマされた。」みたいな記事(サイト)がありますもんね。

この時代にホンマなんかなぁ~って思ってしまいます。

正直、おっさんは中古車販売をしていて買取などもしていますが、今まで普通の中古車売買で2個1車なんて1度も見たことはないですね。

実際には数十年前までは、そのような車が存在していて普通に中古車販売店で売られていたような事も聞きます。

しかし、現在では日本の中古車業界では流通すらしていないといっても言いぐらいだと思います。

ただ、現在でも存在する(作っている)2個1車はあります。その辺りの事情をお話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古車屋で、2個1車をダマされて買ったなんて勘違い

普通に中古販売店で中古車を購入して、

「車を購入した時に修復歴とは聞いていたがやたら故障が多いので修理屋さんで見てもらったら実際は2個1車だった。」

なんて話がありますが、ほとんどが勘違いです。

ま~、修理屋が2個1車って言っているぐらいなので相当の修復歴なのかもしれないですね。

ただ、2個1車ではなくほとんどの交換部品を中古部品を使っているだけやと思います。

修理屋も2個1車レベルの修復歴車という意味で言ったのを本人(ユーザー)が勘違いしただけってパターンが多いと思います。

って言うのも、まず車屋(中古車屋)が2個1車をダマして(黙って高く)売って儲けるなんて考え自体がそもそも無いです。

仮にお客様をダマして儲けようと思っている悪徳車屋がいたとしても、

「メーター戻し(改ざん)」「修復歴をごまかす」「訳有り車を説明せずに売る」

などをすればいいだけの話です。

正直、わざわざ後でバレる可能性の非常に高い「2個1車」をお客様をダマして(隠して)売るメリットなんてないですね。

商売としてハイリスク・ローリターンです(-o-;)

それに、2個1車を探して仕入することすら難しいですし、その店が作るのもかなり費用がかかると思うので意味がないです。

まず原価が高くなりすぎて安く売れないですし儲からないです。

改造車や旧車などでのレストアしている車は存在する

nikoiti02

出典:レーサーパンダ.net

旧車専門店が旧車を事故修理やレストアをする時などの場合は、2個1車になることがありますね。

それと極端な改造車でも他の車の一部を繋げて作るってのもあります。

そもそも、こういったケースは2個1という言い方はおかしいかもしれませんね。

古い車は事故などで車両が破損しても新品パーツが無いので社外品・中古パーツを使ったり事故車・放置車などから部品取りをしないといけないです。

ただ、骨組みなどを修復できないぐらいの損傷であれば、他の同じ車(スクラップ)から切り取り繋げたりして修理していきます。

このような旧車のレストアは、元の部品(その車の部品)自体が残っている場合が少ないので2個1車みたいな状態になってしまします。

ただ、それを「2個1車だからダメ・乗ったら危ない」なんて考えをする車屋もお客様もいないと思いますけど…

逆に完全に修復されていて、前の状態よりも良くなっていることが多いですもんね。

修理費用もかなり高くなりますし、販売するのであれば、それなりに車両価格もかなり高くなっていることも当たり前ですし。

外国では普通に2個1車が走っている?

ニコイチ01

出典:みんカラ

よくテレビなどで、外国で古い日本車が走っているのを見ると思いますが、意外とと2個1車が多いそうです。

おっさんもテレビを見ていて、

「外国で日本車の2個1車が普通に走ってるやん。しかも、真ん中を長くしてリムジンになってるやん」

ってのもありますね。

日本から外国に輸出する場合、「自動車」としての輸出と「自動車部品」としての輸出があります。

国によって輸出入のルール(規制)などが異なり、自動車として輸入するのに車種や年式でダメだったり税金(関税)が高かったりいろいろです。

なので、車を半分に切って部品として輸出して現地で元に戻したり他の車を繋げたりするのは当たり前になっている国も普通にありますね。

日本の古い車が多く走っている国(まだまだ発展していない国)では、日本人の車に対する考えかたと全く違いますので、何でもアリのところがあるみたいです。

ま~、日本人からすれば無茶苦茶ですね(^^;)

もちろん、そんな車や考え方は日本では通用しないので、国内では存在しないです。

この時代、注意しないといけない車は?

この時代、中古車を購入しようとした時に注意しないといけないのは

災害(台風や地震・土砂崩れ)にあった車などをあえて仕入して簡単に直して安く販売している車屋が増えてきている!

って、ところです。

1度災害にあった車などは修理してキレイに直っても「災害車」として扱われ、買取査定が極端に安くなってしまいます。

やっぱり冠水や土砂などに埋まった車は、ちゃんと修理しても後々の故障の可能性が高くなってしまうので中古車業界では分類されています。

通常は国内の販売は難しく外国に輸出されるのが多いですが、安く仕入れれるので、黙って普通の中古車として販売している悪~い車屋もあります。

ま~、かなり儲かるんでしょうね…

悪徳業者は、その時代のバレにくい儲かる方法で商売をしているってところですね。

まとめ

おっさんからすれば、この時代に日本(国内)で流通している普通の中古車で2個1車なんてほとんど存在してないと思っています。

そもそも、旧車やカスタム車、仕事車(特装車)以外で2個1車にする(作る)意味ってないですよね。

それに、昔と違い、今では自動車業界で中古車に対するルール(モラルや考え方)が、だいたい決まってきています。

2個1車自体が違法という訳ではありませんが、国内での商売として2個1車を取り扱う車屋なんてないと思います。

ただ今では、リサイクル(再利用)の流れやネットオークションなどで簡単に中古部品を探せるようになり、「自動車の中古部品」を使うのが当たり前になってきています。

中古部品を使うのは悪いことではありませんし、逆に環境に良いかもしれません。

しかし、ドアやバンパーなどの簡単に外せる部品が損傷した中古車を仕入して同じ色の中古部品を付け替えただけで終わりって感じの直し方が多くなってきています。

しかも普通に「修復歴なし」のキレイな車って感じで販売している車屋もあります。

これからの時代は、こういった中古車が多くなり、

「安くて良い車やと思って買ったけど適当に中古部品で直されてた、ダマされた!」

って、昔の2個1車ような感じで言われるようになるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おっさんの独り言
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com