社外品バックカメラってネットでかなり安く売っている物でも大丈夫?

カーナビ・ETC・電装品

新車を購入する時ってカーナビと一緒にバックカメラに取り付けるのは“当たり前”ってなってきてますよね。

でも、ちょっと古い車や仕事などで使う箱バンなどは、カーナビは付いていてもバックカメラが無いって車は多いと思います。

年々、バックカメラは必須アイテムになってきているので、

「安~いやつでいいから、とりあえずバックカメラ付けたいなぁ」

って思う人は多いですね。

そこで、思い浮かぶのが、“ネットで売っている安~いバックカメラ”やと思います。

2000円ぐらいから送料込みで売っていて、説明分もそこそこ良い事を書いてますね。

でも、

「こんなん大丈夫?すぐ壊れたりせ~へんのかなぁ、ちゃんと映るんかなぁ?」

って疑問に思う人も多いと思います。

そこで、いろんな価格帯のバックカメラを取り付けしているおっさんが、取り付けた感想とおすすめ商品を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

性能は価格それなり

ま~、かなり安いからと言って「こりや、使えんなぁ…」ってことはないです。

バックカメラの機能(役割)としては普通に見えて(映って)使えますね。

でも、映像の見やすさ(キレイさ)だけを考えて製品の良さや価格を選ぶものじゃないんですよね。

おっさんが選ぶポイントとしては、

  • 製品の信頼性・耐久性(メーカー・ブランド)
  • 画像のキレイさ・視野角・夜間の明るさ(見えやすさ)
  • 製品の形状(見た目・大きさ)
  • 本体の取り付けやすさ(ブラケットの調整の自由度)
  • 配線の取り回しやすさ(電源コードのコンパクトさなど)

ってところで、全体的な性能や作りで選ぶって感じです。

カーナビメーカーの定番のバックカメラであれば、どのメーカーも耐久性や取り付けやすさに関しては、とくに気にすることはないですね。

メーカーや映像の見た目(視野角など)を好みで選ぶって感じです。

ただ、ネットで売っている安い物は、カーナビメーカーの物と比べて「同じような性能で信頼性(耐久性)がない分、価格が安い」ってわけではないです。

“性能・耐久性・製品の作り・取付けの自由度”、全ての面で価格に比例して劣るってイメージで考えてもらって正解やと思います。

取り付けと耐久性が…

みなさん、バックカメラに安い物のイメージや不安って

「安いから画像や夜間の見えやすさは悪いんやろなぁ」

って、単純に思うと思います。

でも意外と、画像のキレイさや夜間の見えやすさに関しては、「価格の割には十分ええやん!」って感じですね。

逆にその他のことって、あまり気にしていない人が多いと思います。

でも、ポイントは”取付け方の簡単さ”と耐久性(壊れやすさ)”です!

正直、カーナビメーカのバックカメラと比べて比較にならないほど作りが劣ってますね。

本体の取付けの自由度が低すぎる

社外品の汎用バックカメラであれば、“取付場所の自由度(ブラケットの形)と本体の角度調整”がけっこう大事になってきます。

カーナビメーカのバックカメラであれば、少し細工すれば純正のようにも取付けが出来るようにブラケットの調整の範囲はうまい具合に出来ています。

アルパインなんかは、純正のように見た目キレイに取り付けるための車種別取付キットも販売されてますもんね。

ただ、安いバックカメラは、あまりその辺りを考えて作られていないです。

どんなバックカメラでもブラケットを加工したり、別に金具などを細工して取付ようと思ったら、思ったように取付は出来ると思います。

でも、なかなかコレが面倒くさい作業ですね(^^;)

なので、純正のようにリアガーニッシュにキレイに埋め込んで見た目をよくしようと思うのであれば、正直おすすめは出来ないです。

「取付けの見た目はイマイチだけど別に構わない」って人には、とくに問題ないと思いますけど(^^;)

耐久性(壊れる可能性)は運!

バックカメラって、自然に壊れる(不具合が起きる)ような部品ではないですね。

純正やカーナビメーカーのバックカメラあれば、衝撃などで潰れない限り、普通は壊れたりしないです。

でも、安いバックカメラは壊れたり画像がおかしく(見にくく)なったりすることはよくありますね。

これは、ネットで売っている安い電装品全般と同じような「安いから壊れやすい」ってイメージと一緒です。

不具合の症状として、

  • カメラが映らなくなる(コード内の接触不良など)
  • 防水がしっかりしてなくて水が入って壊れる、レンズが曇る
  • 映像にノイズが出る(ひどい場合は、他の電装品に影響する)

って感じで、多くは“コードがしっかりしていない”“防水処理がダメ”っていう作り悪いって原因やと思います。

簡単に作りが悪いってやつですね。

バックカメラ 不具合01

↑↑↑ よくあるのが、こんな症状。

たぶん、防水処理があまくて、湿気で内側のレンズがダメになってきてるんでしょうね。

こうなると夜は、ほとんど見えなくなるので使い物になりません。

ただ、安い物は全て壊れるってわけではなく「壊れる可能性が高い」「寿命が短いものがある」ってところです。

それと「初期不良が多い」っていうのもあります。

ま~、普通に使えて壊れないって物もたくさんあるので、ようは「運」ですね(^^;)

自分で取付れるなら〇 依頼するなら×

正直、安いバックカメラにするポイントとしては、

  • 自分で取り付けれるかどうか
  • 見た目(取り付け箇所)を気にするかどうか

ってところですね。

自分で取付をするのであれば関係ないですが、取付けを業者(車屋)に依頼するのであれば作業工賃も考えないといけないですね。

通常、バックカメラの取付(コードをナビまで引き込み)であれば、工賃は1~2万円はすると思います。

安いバックカメラほど、ちゃんと取付けようと思ったら加工や細工などもしないといけないので、もっと高くなるかもしれないですね。

それに壊れる可能性もあるので、また取付けするたびに工賃がかかってしまいす。

「物(商品)は安かったけど結局、工賃で高くなってしまった…」

ってことになる可能性が高いので、あまりおすすめ出来ませんね。

安心できるカーナビメーカのバックカメラでも実売価格で8000円ぐらいからあるので、そちらのほうが絶対おすすめです。

自分で取付をするのであれば、工賃の事は考えなくていいですし、取付の方法も自分で細工して納得できるような取付が出来ると思います。

ま~、壊れても

「安いからええかぁ、また買ってやり直そう」

って感じで、失敗したって感じにはならないと思うので、画像の見た目(キレイさ)だけを考えるなら安いバックカメラでも十分だと思います。

どんな商品を選んだらいいの?

ネットで売っている安い物の価格帯で言えば、2~5,000円ぐらいやと思います。

ただ正直、これぐらいの価格帯の商品は、性能で言えばどれも似たようなもんですね。

そんなに性能の差はなく、カメラ本体の形(大きさなど)とパッケージ(箱)が違うだけって感じです。

なので、おっさんが買う時は「とりあえず安い物で送料無料」で選んでます。

今まで買ってきた中で「2,000円の物より3,000円の物のほうが壊れにく、性能が良い」って感じたことは、ほとんど無いですね。

はっきり言って5,000円ぐらいの物を買うのであれば、もう少しお金を出してカーナビメーカの物を買ったほうが絶対いいです。

おすすめはコレ!

「A0119N プロバージョン」

いろんなショップで売られている安い物の定番「A0119N」ガイドライン表示切替が出来るタイプですね。

安い物ほど、ガイドライン表示があってラインを消せない物が多いですが、“ガイドラインはいらない”って人のほうが多いですね(^^;)

↑↑↑ 実際の画像(昼)はこんな感じで安物の割には十分ってことろやと思います。

ま~、価格で選んでいるだけですけど、最近はコレばっかりです(^^;)

「とりあえず、安くバックカメラ付けれたら何でもええねん。」

って人には、おすすめですね。

ガイドライン表示切替は、どっちでもって人であれば ↓↓↓

まとめ

バックカメラに関しては、“取付けやブラケットも全て込みのトータル費用”で考える部品ですね。

工賃のほうが高くなることが多いですもんね(^^;)

なので、ネットで売っている安い物を買うかどうかは、自分で取り付ける事を前提として考えるものやと思います。

そういう意味では、安い物でも価格なりの価値はあるって感じです。

とりあえず、取り付けてすぐに壊れなかったら、

「安いし、これで十分やん!画面もそこそこキレイしに移ってるし」

ってなると思います。

おっさの自家用車もネットで買った安いバックカメラを付けていますが、3年ぐらい経っても調子よく映っているので当たりやったなぁって感じです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーナビ・ETC・電装品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com