タイヤ交換の時期 目安はどれくらい?車屋の偏った意見ですが…

日ごろのメンテナンス

もうちょっと大丈夫かなって思う時が多い

みなさんはタイヤの交換する目安って何ですか?

見た感じ溝がなくなった時はもちろんですが、やっぱりガソリンスタンドの給油時やカー用品店でのオイル交換の時に

「もうタイヤの溝がないので危ないですよ。交換をおすすめします!」

って言われた時がけっこう多いと思います。

そりゃ~、「危ない」って言われると心配になりますよね。

・・・でも、

「っん、まだ溝あるから大丈夫じゃないの?コレって危ないの?」

って普通に思われる人も多いと思います。

タイヤ交換を勧めてくる店って、けっこう早めの交換を勧めてくるんですよね。

それでは何故、早めの交換を勧めてくるのか、本当はどれくらいで交換するのがベストなのか、おっさんの勝手な考え方を話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

早めに勧めてくる理由は1つ!

答えから言うと、単純に「タイヤを売るため」ですね。

「危ないから勧める」ではなく、タイヤを売るために理由を付けているって感じです。

タイヤの溝は新品で8mm前後ですが、残り4mm(溝の半分)ぐらいから交換をすすめる店が多いですね。

平均的にタイヤの溝が残り3.5mm~4mmぐらいから性能が落ちる(制動距離が伸びる)となっていますので、危ない理由になります。

嘘はついていないし、もちろん早めの交換のほうが安心で良いに決まっています。

でも、おっさんからすれば少し交換するには早すぎるんじゃないかって感じで、ただ単にタイヤを売るセールストークやなぁって思いますね。

それにタイヤは決して安い物ではないので、単純に安心を買うって感じでも少しもったいないかなぁって思います。

とくに通勤などの使い方であれば、定期的にタイヤ交換しないといけないので早めの交換ばっかりしていると財布に厳しいですよね。

なので、そんなに早めの交換をしなくてもいいんじゃないかとおっさんは思います。

目安はスリップサインから溝の感じ

溝のあるタイヤ

タイヤの溝の中にある凸が交換時期の目安となる「スリップサイン」です。

この凸の高さは1.6mmになっていて、上の写真ようにまだまだ溝のあるタイヤなら奥のほうに見えます。

タイヤが減ってくるとこの「スリップサイン」が出てくるようになり、下の写真のように表面と面一なると溝が1.6mmということになります。

溝が1.6㎜以下になると法律違反になり車検にも通らないので即時交換が必要になります。

交換しないといけないタイヤ

さすがにスリップサインが出るギリギリまでタイヤ交換しないっていうのは、あまりおすすめできませんね。

雨の日や高速道路では、ツルってなることもありますし。

なのでおっさんは、お客様に残りの溝で交換の判断をするなら、

スリップサインから見て1~2mm程度の溝があるぐらいで交換するのがベストかな?

って感じで説明していますね。

しかし、これぐらいまでタイヤが減っていると性能が落ちてきているので走行すると危険だと言う人もいます。

たしかに性能は新品に比べて悪くなってますが、普通に乗っていて危険と感じることもないと思いますし、おっさんはあまり問題もないと思ってます。

ただ、雨の日の走行やカーブの多い山道などで走行に違和感を感じることがあれば、タイヤの溝の深さに関係なく交換時期と考えていいと思います。

それと、タイヤの音(ロードノイズ)も溝の減りや使用年数と比例して大きくなってくることが多いです。

乗っていて耳障りに感じるのであれば、これも交換時期の目安になりますね。

ひび割れは微妙な判断

タイヤの外側のひび割れ

タイヤ交換のいくつかある目安の1つが「ひび割れ」です。

「少しでもひび割れしてたら危険なのですぐ交換!」

って言う人がいますが、長年車屋をしているおっさんの経験からすれば少しぐらいであれば、さほど心配することもないかなぁって思います。

その理由として

  • 少しのひび割れ程度で問題が起きたという事例をほとんど聞いたことがない
  • 意外と環境などによりすぐに小さなひび割れをすることは、けっこう多い
  • 表面のひび割れぐらいでバーストしたりするほどタイヤは弱くない

って感じですね。

ま~、この考え方は人によってかなり意見が異なると思いますけど(^^;)

なので、ひび割れの目安としては「誰が見ても危ないと思う」ような、ひび割れであれば即交換をおすすめします。

それと、ひび割れの場所(箇所)がポイントですね。

側面はゴムが薄く、ひび割れがそこそこ酷い場合は、バースト(破裂)する可能性があるので即交換をおすすめします。

あとは、変な感じのひび割れも要注意ですね。

とりあえず、少しのひび割れであれば、いろんな人(プロ)に聞いて交換するかどうか判断をするのが良いと思います。

ちなみの上の写真は溝もなく、ひび割れしているのですぐ交換ですね。

ただ、溝がまだまだある状態であれば、おっさんは「まだ大丈夫かな」って判断です。

理由としては、ちょっと古くなったタイヤによくある感じのひび割れで、場所的にも(溝部分なので)問題ないかなぁってところです。

使用年数はあまり関係ない?

使用年数から考えた交換目安は4~5年とよく言われています。

しかし、おっさんは単純に使用年で判断するのではなくタイヤの状態などで判断するほうが大事やと思います。

たしかにタイヤはゴムなので年数が経てば劣化します。

ただ、車を屋根付きガレージなどで止めていて空気圧も定期的に点検しているタイヤであれば、もっと年数が経っていても大丈夫な場合もあります。

もちろん逆のパターンもあります。

なので、使用年数はあくまでの基本的な目安になりますので、使用状況・タイヤの状態(見た目など)・地域の環境などを優先して判断したほうがいいと思います。

簡単な判断の目安としては、やっぱり乗っている時の感じですね。

何も気にせずに乗っていても、

「タイヤの音(ロードノイズ)が気になるほどうるさくなってきた」

「乗り心地が体感できるほど悪くなってきた」

など感じてきた時は、タイヤがかなり劣化している状態やと思っていいですね。

まとめ

車を趣味で乗っていたり、車にかけるお金に余裕のある人であればカー用品店がおすすめる早めの交換がベストです。

そのようなお客様には、おっさんも早めの交換をおすすめしています。

もちろん、安全第一って考えの人もですね。

しかし、車は交通の手段や出来るだけ節約したいという考えの人であれば、上記ので説明した交換時期の目安でも問題ないかぁって思います。

おっさんは、いつもお客様にも車の使用目的や個人の車に対する考え方によってこのような説明をしていています。

それで過去に重大な事故などが1度なかったこともあって、けっこう自分の考え方に自信を持っていたりします。

タイヤに関しては、「早めに交換しないと事故につながる」というイメージがありますので車屋でも交換時期の考えかたはいろいろです。

なので、おっさんの考え方が正しいわけではありません。勝手な個人の考え方です。

それでも「タイヤを販売するためのお客様への交換目安の説明」は、少し早いんじゃないかなぁって思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日ごろのメンテナンス
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com