カーナビの形状の選び方 AV一体型(普通のナビ)orポータブルの比較

カーナビ・ETC・電装品

最近の個人で使う乗用車には、ほとんどカーナビ(AV一体型)が付いていますね。

ただ、中古車で購入した車や仕事で使う車(箱バンや軽トラック)などには、オーディオ(ラジオ)だけでカーナビは付いていないってこともありますね。

ま~、今でも仕事用の軽トラックなどの新車購入時には、

「とりあえずラジオがあればええかなぁ。カーナビは後で考えよう」

って感じの人も多いかなぁって思います。

そのようなオーディオしか付いていない車にカーナビを後で取付用と思った時に、

  • オーディオをAV一体型ナビ(埋め込み型)に入替える
  • オーディオはそのままでに安いポータブルナビを別に取り付ける

かで、迷っちゃう人も多いと思います。

やっぱり、迷う理由としては「価格の差」

AV一体型ナビに比べて価格の安い取付が簡単な(工賃がかからない)ポータブルナビも多く売っていますもんね。

そこで、「AV一体型ナビ」「ポータブルナビ」のメリット・デメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AV一体型2DINナビ(埋め込み型)

AV一体型ナビ

カーナビと言えば、ふと思い浮かべるのはこの「AV一体型2DIN」やと思います。

新車購入時のナビのディーラーオプション、中古車購入時のナビ付ってなっている車もほぼこの「AV一体型(2DIN)」になってますね。

形状はダッシュボード(センターパネル)内に埋め込みされて、機能面ではオーディオなどが一体化されています。

バックカメラやETC連動、リアモニターなどの接続(拡張)も基本は備えていて、地デジTV・DVD再生など「メインユニット」になっています。

画面サイズは車種によって異なりますが基本、7インチから大画面に11インチまで、いろいろなタイプがあります。

普通に「カーナビを買おう」という感じであれば、買う人も販売する側もこのタイプ(形状)のカーナビを考えると思います。

なので、今ではカーナビ選びの「形状の選択肢の1つ」いった感じではなく「カーナビの基本の形状」と言ったところですね。

ちなみに「AV一体型ナビ」の種類の選び方やおすすめメーカーは ↓↓↓

カーナビの種類・比較 自分の使い方に合ったナビを簡単に選ぼう!
みなさんはカーナビを購入する時、どんな選び方をしてますか? おっさんの店の場合、車の購入時などでお客様からナビの取付(販売)を依頼された時...
カーナビ選び 車屋がおすすめの社外品メーカーってどこ?
社外品のナビを購入する時って価格帯やメーカー・グレードがいろいろあって、どれにしようか迷っちゃうと思います。 やっぱり、はじめに考えるのは...

グレードや機能によって価格帯はいろいろ

価格帯は、安いグレード(7インチ ワンセグモデル)で4万円ぐらいから、上グレード(大画面)で30万円前後と機種(種類)によっていろいろですね。

ベタな7インチモデルであれば、機能(地デジがワンセグかフルセグなど)で変わってきますが4万円~8万円といった感じやと思います。

新車など新しい車であれば、大画面のナビが主流になってきているで、20万~30万ぐらいする価格の高い大画面ナビが売れていますね。

でも、後から「とりあえずナビを付けたい」って感じの買い方であれば、“6万円~9万円の7インチ フルセグモデル”が売れ筋やと思います。

ナビ本体の他に費用がかかる!

ただ、「AV一体型ナビ」はナビ本体代(商品代)以外に、

  • 取付工賃
  • オーディオ変換カプラー(ハーネス)
  • 車種別取付けキット(車種により)

の費用が別にかかります。

工賃は、商品内容によって異なりますが1.5万円~2万円ぐらいが相場ですね。

変換カプラーは車種により異なり、だいたい1500円~3000円です。

車種やメーカーにより(ホンダ車やマツダ車など)車種別取付キットが必要な場合は4,000円~12,000円ぐらいです。

一般的に「AV一体型ナビ」の取付けであれば、カーナビ本体以外に1.5万円~3万円は別途費用がかかるといった感じです。

それと、軽トラックや軽箱バンなどのオーディオ(ラジオのみ)は、スピーカー一体型になっていて標準スピーカー(スピーカー配線)が付いていない場合がほとんどです。

その場合は、スピーカー(スピーカー配線)も購入・取付しないといけなので、さらに1~2万円ほどかかっちゃいます。

本人で取付けが出来れば工賃はかかりませんが専門知識と工具が必要になるので、商品の購入から取付けまでを1セットが「購入価格」って考え方になります。

ポータブルナビ

ポータブルナビ

オーディオ機能などは一体型ではなく、ナビ単体の機能(TV機能は付いている)でダッシュボードの上などに置くタイプです。

ポータブルナビと言えば、有名どころで「パナソニック ゴリア」などがあります。

やっぱりポータブルナビの魅力と言えば、

  • 「AV一体型ナビ」より価格が安い
  • 取付けが簡単(自分で取付けが出来る)
  • 既存の(今付いている)オーディオを外さなくていい
  • ナビ(地図)だけの使用であれば十分使える

といったところです。

一昔前では、ポータブルと言うだけあって普通のナビに比べて性能が悪い・機能が最低限などのイメージがありました。

しかし、最近では性能・機能も十分すぎるほど上がっていて使い勝手も申し分ありません。技術の進歩はすごいなぁ~って思います。

ただ、最近では販売数が減ってきています。理由としては大きく2つあって、

安全性

1つは、自動車の法律でフロント部分(ダッシュボードの上など)に前方の視界の妨げになる物を置く(ガラスに張る)ことが徐々にダメになってきています。

年々、安全性が重視されてきて、ポータブルナビも車種(ダッシュボードの形状)によって「視界の妨げになる物」になってきています。

なので、最近では車検にも通らないことが多くなってきていて車屋的には理由がない限りおすすめしなくなってきています。

ナビのメーカサイトやカタログにダッシュボードに置いてある写真(昔はよくあった)が少なくなっているのは、この理由かなぁって思います。

スマホのカーナビアプリで十分?

正直、地図(目的地を案内)ということだけで考えると、「スマホのアプリでも十分じゃない?」って感じる人も多いと思います。

おっさんもカーナビが付いていない車を納車する時などは、スマホのカーナビをアプリを使いますが、なかなか使えますね。

地図も常に最新なので、古い高性能ナビよりもはるかに良いと思います。

そもそも、ポータブルナビ自体の一般的な考え方が、

「とりあえずナビの機能さえあればいいのでお手軽で安いカーナビ」

といった感じやと思うので、スマホでその役割を果たせるのであれば必要性がなくなってきているのかなぁってところです。

なので、取付車種や使い方の理由がない限りポータブルナビをカーナビ選びで迷う必要はないかなぁって思います。

ポータブルナビを選択する理由、おすすめする理由

上記で説明したようにスマホのアプリでもカーナビの代用は十分に出来ますが、

  • スマホのアプリを使うのは面倒くさい、使いたくない
  • スマホではなく一応、安物でもカーナビは付けときたい

と思っている人も多いと思います。さらに

  • 予算がない、安く付けたい。地図さえあればなんでもいいと言う人
  • 軽トラックなどで「AV一体型2DIN」の取付けスペースが、そもそも無い。
  • オーディオは、そのまま残して使いたい。
  • 駐車場で車上荒らしが多く、乗らない時はナビを取り外しときたい。
  • 仕事などで使うので、他の車で使いたい時がある。

などの理由であれば、やっぱりポータブルナビがおすすめやと思います。

って言うか、選択肢がポータブルナビだけになっちゃいますよね。

まとめ

その他に、インダッシュナビやオンダッシュナビっていうタイプがあります。

これらのタイプは、最近では需要も少なく機種も少ないので上位グレード「特殊なナビ」って感じになっていて価格も高くあまり売れていません。

普通の感じで取付るのであれば、とくにこのようなタイプにする必要もなくナビの形状の種類を選ぶ選択には入らないですね。

やっぱり普通(当たり前)に売れているのは「AV一体型2DIN」です。

ポータブルナビは、AV一体型ナビの選択肢がない場合やナビの使用頻度、とくに安い商品を希望の人のためのカーナビって感じです。

このような理由がない限り、新車ディーラー・中古車販売店・修理屋は、AV一体型ナビをおすすめすると思います。

カー用品店などは、いろんな商品を販売しているので意見や考え方は違うんかな?

ま~、比較というよりも、「ポータブルナビを選ぶ時の理由はこういうところ」って感じの話でしたね(^^;)

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーナビ・ETC・電装品
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com