車の所有者が死亡した場合(相続)の名義変更や廃車に必要な書類は?

車屋が説明するとこんな感じ


車の登録関係で必要書類がややこしいのが「所有者の死亡による相続」の手続きです。

ネットで調べてみると、相続(名義変更)に必要な書類が書かれていますが、車に関わらず一般的な相続に必要な書類って感じですね。

おっさんが、いろんなサイトを見ていて、

「ちょっと分かりにくいなぁ、実際はいらない書類もあるなぁ」

って思うので、実際にお客様に説明するような感じで説明していきます。

スポンサーリンク

普通車は財産、でも相続に必要な書類は簡素化!


普通車(登録自動車)は土地や資産と一緒で財産になりますので所有者が亡くなられた場合、相続人全員の共有財産になります。

なので、名義変更や廃車の登録手続きには、相続に関する書類が必要になります。

ちなみに軽自動車の譲渡に必要なものは「所有者の印鑑」のみです。)

ただ、車は財産だから相続の書類が必要と言っても、実際は土地(家)や銀行預金の相続のように完璧な書類を揃えるって感じではないですね。

通常の名義変更や廃車の登録手続きには「車検証に記載の所有者の実印(委任状)と印鑑証明」が必要になります。

所有者が亡くなられた場合は、その書類が発行されないので、その代わりに代替えの書類が相続の書類っていう簡単なイメージです。

なので、車の登録の相続に関する必要書類は、かなり簡素化されています。

他の相続の場合と違って、省略出来る書類が多いですね。←ココ、ポイントです!

相続に必要な書類


とりあえず、その車を相続人が引き続き乗るにしても手放す(売却)にしても1度、相続人の名義変更(移転登録)にしなくてはいけません。

相続人に名義変更するやり方(必要書類)は何パターンかありますが、集める種類が少なく一般的に多い(ほとんどの場合)やり方が

「遺産分割協議により代表相続人(新所有者となる相続人)を決めての方法」

ですね。なので、そのやり方の必要書類を説明していきます。

必要な書類

  • 死亡の事実および相続人全員が確認できるもの(戸籍謄本(全部事項証明書)など)
  • 遺産分割協議書(相続人全員(代表相続人を含む)が実印を押印したもの)
  • 代表相続人の印鑑証明書(発行後3ケ月以内のもの)
  • 代表相続人の委任状(本人が直接申請する場合は実印を持参して申請書に押印)
  • 代表相続人の譲渡証明書(売却時や同時に第三者に名義変更する場合)
  • 車庫証明(代表相続人が、そのまま乗る(使用する)場合)

車を解体してからの書類上の廃車手続き(永久抹消)は、「遺産分割協議書」「相続人全員が確認できる書類」は不要です。

戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書など


所有者死亡の事実および相続人全員が確認できる公的書類が必要になります。

死亡の確認は「戸籍謄本」「除籍謄本」、相続人全員が確認は「戸籍謄本または全部事項証明書」「改製原戸籍」「戸籍の附票」などケースによっていろいろです。

おっさんもお客様に説明している中で「どの書類が必要?どう集めたらいいの?」」って聞かれることがほとんどです。

やっぱり普通に亡くなられた人の本籍のある市役所に「相続の手続きのために必要な書類がほしい」と聞くことが一番ですね。

遺産分割協議書


遺産分割協議書には、相続人全員(代表相続人を含む)が実印が必要になります。

よくネットで調べてみると「相続人全員の印鑑証明も必要」と書いてあるサイトがありますが、代表相続人以外の相続人の印鑑証明は必要ありません。

ひと昔前までは全員の印鑑証明が必要でしたが、現在では省略出来る書類の1つです。

印鑑証明がいらないってことは、実印の確認は不要ってことですね。

ってことは、遺産分割書に押す印鑑は、認印でも・・・ゴニョゴニョって感じ(-ε-)

戸籍謄本などに記載されている相続人の住所氏名が違う場合

相続人を確認できる公的資料( 戸籍謄本など)と遺産分割協議書に記入する相続人の住所氏名が違う場合って多いですよね。

結婚して苗字が変わっていたり、住所変更が何回もあったりいろいろです。

通常(他の財産)の相続であれば、同一人物と証明するために住所などの繋がりを付けるために相続人の住民票(除票)や戸籍謄本も必要になります。

しかし、車の相続(登録)の場合は、かなり省略出来ることがほとんどです。

住所氏名が変わっていて、亡くなられた人の戸籍謄本などと遺産分割協議書の相続人と同一人物と判断が難しい場合でも書類を省略できることも多いです。

これは、個々に申請(登録)する書類の内容や登録窓口の人の判断で「繋がりを付ける書類が必要、不要」ってなる感じです。

ただ、住所の繋がりが付かないぐらいであれば、何もいらないですね。省略できます。

車の価額が100万円以下の場合

車両価額(流通・査定額など)が100万円以下の場合は、より簡略化された「遺産分割協議成立申立書」というものでもOKです。

この「遺産分割協議成立申立書」は、代表相続人(新所有者)の記入・押印(実印)だけで、他の相続人の記入・押印は必要ありません。

「相続人の間で遺産分割の話は出来てるけど、遺産分割協議書に全員の押印をもらうのは困難」ってケースには便利ですね。

「遺産分割協議成立申立書」には、車が価額100万円以下であることを確認できる資料(査定証など)の添付が必要です。

ただ、全国の陸運支局でOKとなっていますが、窓口の人(管轄の陸運支局)の判断によっては不可の場合もあるという話もたまに聞きます。

なので、車の価額が100万円以下の場合であっても、書類が揃えれるのであれば「遺産分割協議書」のほうがいい良いと思います。

その他の書類

「遺産分割協議書」「遺産分割協議成立申立書」の作成が無理な場合、

  • 遺言書
  • 遺産分割に関する調停調書
  • 遺産分割に関する審判書
  • 判決謄本

などもありますが、この辺りは司法書士(行政書士)の分野になってきますので車屋では、ちょっと分からないですね(^^;)

代表相続人の委任状と譲渡証明書


他の相続と違って車の登録で必要な書類や実印・印鑑証明は、

亡くなられた人の必要書類(譲渡書類)は「戸籍謄本など」「遺産分割協議書」

代表相続人(新所有者)の必要書類が「委任状(実印)・譲渡証明書」「印鑑証明」

って考え方ですね。

相続の場合は、必ず相続人(代表相続人)に1度、名義にしないといけません。

なので、代表相続人に必要な委任状(実印)や印鑑証明は、通常の名義変更や廃車手続きに必要な書類と同じ考え方です。

代表相続人(新所有者)が、そのまま車の名義人になって乗り続けるのであれば、第三者(車屋など)に売らないので譲渡証明書は必要ないです。

「売却」や「第三者にさらに名義変更しての廃車」などの時には、代表相続人は1度、所有者になりますので譲渡証明書が必要になります。

通常の名義変更・廃車に必要な書類は ↓↓↓

自動車の名義変更(移転登録) 必要書類と自分で手続きする方法
自分でする名義変更(移転登録) 自動車(普通車)の売買や個人への譲渡(家族内の譲渡)の名義変更を 「車屋や行...

車庫証明


代表相続人(新所有者)の名義にして乗り続けるする場合は、通常の名義変更と同じで「車庫証明」が必要になります。

 新旧使用者の使用の本拠の位置に変更がない場合は車庫証明書は不要です。

例えば、亡くなられた人と代表相続人(新所有者)が同居の場合は、氏名(名称)変更だけで車検証の住所の変更がないので車庫証明書は不要になります。

売却(車屋など第三者)や廃車の場合は、代表相続人に1度、名義変更すると言っても抹消登録(名義変更)と同時にするので車庫証明は不要です。

まとめ


車の所有者が亡くなられて場合の名義変更(相続)は、通常の車の登録よりは書類が多くなりますが、一般的な相続の必要な書類で言えば、簡単で少ないですね。

ただ、個々のケースで必要書類がかなり違ってきますし、管轄の陸運支局で対応が少し違います。

なので、おっさんもそうですが車屋は、書類がややこしそうであれば、

「相続関係の書類は1度、陸運支局に書類を確認してもらう」

って考え方が多いですね。

手続きで揃える書類の順番としては、亡くなられた人の戸籍謄本(相続人が確認できる書類)などが最初です。

そして、その書類を持って管轄の陸運支局の相談窓口で、その他に何の書類が必要なのか教えてもらうのが一番無駄のない書類の揃え方やと思います。

自動車の登録や必要書類についてはこちら ↓↓↓

自動車の登録手続き 必要書類と自分でする申請手続きの方法
個人で申請(登録)する場合の必要書類と申請手続き 一昔前までは、自動車のいろんな登録(申請)に関しては車屋や行...
車の所有者が死亡した場合(相続)の名義変更や廃車に必要な書類は?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする