ETC2.0とは!従来のETCと何が違うの?今買うなら2.0?

次世代のETCだけど…


この時代、ほとんどの車にはETC(車載器)が付いていますよね。

車に取り付けるオプションとしては便利アイテムと言うよりも必須アイテムになっていて「付いていないと高速料金で損をする」って物ですね。

ETC(車載器)の選び方も、カーナビなどのように自分の車の用途や好みなどで商品選びをする人は少なく、ほとんどの人は「とりあえずETC」って感じやと思います。

ただ、ETCも進化していって、現在では国(道路局)や車関連の業界などが新しい機能が付いた「ETC2.0」に変えていこうって動きになっています。

でも、実際に現在ETCを利用している人(個人ユーザー)は

「ETC2.0って何?今付いているETCじゃアカンの?お金かかるの?」

って感じで、詳しい内容を知らない人が、ほとんどやと思います。

国や車関連の業界が頑張ってETC2.0の移行を進めている割には、一般(個人ユーザー)には、まだまだ広まっていないですね…

スポンサーリンク

ETC2.0 とは


出典 : ETC総合情報ポータルサイト

簡単に言えば、従来のETCの機能(ETCによる高速料金払い)に道路情報や新サービスを追加した次世代のETCです。

本来の渋滞の原因になる高速の料金所をノンストップで通過するって目的だけではなく、もっともっと便利なシステムにしていこうってイメージですね。

ここでポイントは、

ETC2.0のサービスを利用するにはETCカードを変えるのではなく、ETC2.0対応の車載器を使わないといけない

ってところですね。ETCカードは、基本関係なく今のままでOKです。

詳しくは → ETC総合情報ポータルサイト


出典 : ETC総合情報ポータルサイト

そもそも従来(普通)のETCに代わる新しいETCの仕組みは、けっこう前からあって「DSRC車載器を使った新システム」って感じでスタートしました。

ただ当初はサービスを利用するのに、従来のETC車載器を専用のDSRC車載器を替え(購入して)DSRC対応のナビに連動して使うのが前提でした。

しかも、初期ということもあって従来のETC車載器に比べDSRC車載器はかなり高く、対応ナビの買い替えも考えると費用がかなり高くつきました。

それに、開始当初は新システム(情報提供)が使えるような場所(ITSスポット)も都市圏の一部ぐらいでした。

お金がかかる割には、「使い道が無い、とくに便利でも無い」って感じで個人ユーザーには、ほとんど普及しなかったですね。

しかも、DSRCって分かりづらく覚えにくい名前だったので「次世代ETC」ってイメージも全く付かなかったです。

そういうこともあって、2014年に分かりやすく「ETC2.0」って名前に変わりました。

そして、徐々にシステムが使える場所(ITSスポット)も増え、キャンペーン(購入補助金や割引)などのおかけで、少しづつ普及し始めたました。

それと、車載器の価格も徐々に安くなってきたのが普及し始めた大きな理由の1つですね。

販売する車屋でも、ようやくETC車載器を購入するお客様に「普通のETCとETC2.0のどちらにします?」って聞くようになった感じですね。

ETC2.0のサービスって?


「情報提供サービス」

基本的な内容は、カーナビに付いている情報提供サービス「VICS(FM多重情報や光ビーコン」と同じですね。

VICSよりも広範囲で情報量(災害情報など)も多いことから、次世代の情報提供サービスって位置づけで、将来的にはVICSが無くなってETC2.0に統一される予定です。

本来は、VICSと同じでETC2.0車載器をナビと連動してナビの画面で情報を案内するようになっています。

ただ費用的な問題もあって、スマホ連動(wifi)や車載器の音声のみの案内っていうETC2.0車載器も売られています。

正直おっさんは、この情報提供サービスは付加価値の要素が大きいので「便利」とか「必要」って思うのは人それぞれの感覚やと思います(^^;)

新サービス

DSRCの時代にはなかくETC2.0に変わってからサービスは、

  • 休憩施設等への高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」
  • 圏央道利用分について料金水準を約2割引
  • 一時退出・再進入の料金同一化 (今後導入が予定)
  • 渋滞を避けたルートを選択して料金割引 (今後導入が予定)
  • 駐車場での利用料金決済・フェリー乗船の簡素化 (今後導入が予定)

などなど、いろいろなサービスがあります。

ただ現在実施中のサービスは少なく、特定の道路に限ってで今後、全国的に便利なサービスを拡大していくって感じですね。

今買うなら、従来のETCよりも2.0にするべき?


お客様にETC2.0車載器の説明をしていると必ずと言っていいほど聞かれるのが、

「将来的には2.0になっていくんやろうけど今、買っといたほうがいいの?」

ってところですね。

正直、個人での使い方で普通のETC付いているのを2.0に買い替えるっていうのは無いかなぁって思います。

とくに買い替えてまでのメリット(お得感)は無いって感じですね。

ただ、仕事(法人や個人事業主)で頻繁に使う場合は、特定のETCカード(コーポレートカード)の割引で2.0に買い替えたほうが良いって場合も多いですけど。

迷うところは、車の買替えの時などの新しくETCを買おうって時ですね。

「せっかくだから、買うのなら新しいETCがいいかなぁ」って人は多いと思います。

でも、悩むのはやっぱり普通のETCとの価格の差ですよね。

安い単独使用の従来のETC車載器であれば、本体価格は5,000~10,000円ぐらいです。

でも、2.0になると最近安くなったとはいえ、ネットで安い物(旧型)でも15,000円ぐらいからって感じの価格帯で、従来のETCの3~4倍はすると思います。

ま~、価格の差と比例して便利になったり得(割引など)があれば納得できますが、今のところ何とも言えないって状況ですね。

「将来的に必須アイテムになるから」っていう考え方もありますが、将来的って何年後やん?って感じもしますし…

やっぱり、単純に機能や便利さで考えるより、自分の車の用途(高速を使う頻度)や住んでいる場所(都市圏かどうか)で選ぶのが良いと思います。

それと、「ETC2.0を付けている」って趣味的な自己満足の考え方で選ぶかですね(^^;)

おすすめのETC2.0対応車載器は!


ETC2.0対応車載器も、いろんなメーカーから発売されてますね。

本来の使い方(全ての機能を使う)でカーナビ連動専用タイプの車載器であれば、カーナビメーカーの車載器に限られるので選択肢もないと思います。

ほとんどのカーナビメーカーのナビ連動タイプは1種類しかなく新型・旧型ぐらいしか選べないので機種選びに迷うことはないですね。

ただ、年々「単独使用(音声のみ案内)やスマホ連動(wifi)が出来るタイプ」が徐々に各メーカーから発売されてきてます。

カーナビの連動(メーカーを統一)の事を考えることもなく、価格も安くなっているので、最近はこちらのタイプの方がよく売れていますね。

そこで、おっさんがおすすめする単独使用(音声案内)タイプは ↓↓↓

パナソニック ETC2.0車載器 GPS付き発話型 CY-ET2600GD 公式商品サイト

やっぱり、単独使用の定番ETCと言えば、パナソニックですね。

正直、ベタで安心できるメーカーが好きなおっさんの好みや販売数(売れ筋)でおすすめしています(^^;)

ただ、ナビ連動タイプに比べれば、もちろん機能は制限されますが単独使用(音声案内のみ)の機能としては、ほぼほぼ使えるって感じです。

価格も他のメーカーと比べて一番安いってわけではないですが、比較的お手頃な価格設定になっていると思いますね。

まとめ


と、言うことで最後に簡単にETC2.0の事をまとめてみると、

将来的には、従来のETCの代わり(バージョンアップ版)として当たり前のようにETC2.0になっていく

っていうものですね。

なので、とくに車の事に興味のない人や個人で一般的な使い方の人であれば、現時点で「自分から調べてを選ぶアイテム」って感じではないと思います。

徐々に普通に車を購入したりETCを取り付けた時に「何も指定してなかったけどETC2.0になっていた」っていうふうになっていくと思いますね。

それと今、ETC2.0にしようかどうか考えるポイントとしては、やっぱり「高速道路の料金の割引」です。

仕事や通勤などで、高速道路をよく利用する人であれば、地域によってETC2.0独自の割引(キャンペーンなど)で今すぐ買い替えたほうがお得の場合が多いです。

やっぱりETCは趣味のアイテムではなく必須アイテムになるので、選び方は好みや機能よりも「便利さと高速料金」で考えるのが正解かなぁって思いますね。

ETC2.0とは!従来のETCと何が違うの?今買うなら2.0?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする