法人名義の車で住所や名称の変更(変更登録)必要書類と手続きの方法

法人名義 住所や名称の変更

自分でする住所や名称の変更

法人名義の自動車(普通車など)の住所・名称に変更があった場合、

「車屋や行政書士に登録を依頼せず自分(個人)で申請(登録)する場合」

の手続き・必要書類・費用などの説明です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前に揃えておく必要書類

住所の変更

● 所有者と使用者が同じ名義の場合

  • 自動車検査証
  • 商業登記簿の謄本または抄本 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 委任状 (代表者印を押印)
  • 車庫証明書 (警察署より証明を受けたもの 発行後概ね1ヶ月以内のもの)

● 所有者と使用者が同じ名義で「使用の本拠の位置」を変更する場合

  • 自動車検査証
  • 委任状 (代表者印を押印)
  • 車庫証明書 (警察署より証明を受けたもの 発行後概ね1ヶ月以内のもの)

法人名義では、車検証の所有者・使用者の名義が本社で実際に使用されるのが営業所というケースがあります。

その場合、車検証の「使用の本拠の位置」を営業所などの住所にすることが多いです。

「実際の駐車場(車庫証明)の関係」や「車を使う地域のナンバープレートにしといたほうが良い」といった感じですね。

また、営業所などの移転や他の営業所などに車を移動する場合も「使用の本拠の位置」の変更になります。

申請する運輸支局は「使用の本拠の位置」での管轄の運輸支局になります。

● 所有者が法人名義で使用者が個人名義での、使用者の住所変更の場合

  • 自動車検査証
  • 使用者の住民票 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 所有者の委任状 (代表者印を押印)
  • 使用者の委任状 (認印でOK 本人が直接申請する場合は印鑑を持参して申請書に押印)
  • 使用者の車庫証明書 (警察署より証明を受けたもの 発行後概ね1ヶ月以内のもの)

● 所有者(法人名義)と使用者が異なる名義で、所有者の住所変更の場合

「所有者と使用者が同じ名義の場合」と必要書類は同じですが、その中の車庫証明は必要ありません(所有者の書類)

名称(氏名)の変更

● 所有者と使用者が同じ名義の場合

  • 自動車検査証
  • 商業登記簿の謄本または抄本 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 委任状 (代表者印を押印)

※ 商業登記簿謄本などで、車検証記載の名称から新名称のつながりが証明できない場合には閉鎖登記簿謄本などが必要になります。

● 所有者が法人名義で使用者が個人名義での、使用者の氏名変更の場合

  • 自動車検査証
  • 使用者の住民票 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 所有者の委任状 (代表者印を押印)
  • 使用者の委任状 (認印でOK 本人が直接申請する場合は印鑑を持参して申請書に押印)

● 所有者(法人名義)と使用者が異なる名義で、所有者の名称変更の場合

「所有者と使用者が同じ名義の場合」と必要書類は同じです。(所有者の書類)

住所・名称(氏名)の変更

● 所有者と使用者が同じ名義の場合

  • 自動車検査証
  • 商業登記簿の謄本または抄本 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 委任状 (代表者印を押印)
  • 車庫証明書 (警察署より証明を受けたもの 発行後概ね1ヶ月以内のもの)

車検証記載の住所・名称から新住所・名称のつながりが証明できない場合にはその他の確認書類(閉鎖登記簿謄本など)が必要になります。

● 所有者が法人名義で使用者が個人名義での、使用者の住所・氏名変更の場合

  • 自動車検査証
  • 使用者の住民票 (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 所有者の委任状 (代表者印を押印)
  • 使用者の委任状 (認印でOK 本人が直接申請する場合は印鑑を持参して申請書に押印)
  • 使用者の車庫証明書 (警察署より証明を受けたもの 発行後概ね1ヶ月以内のもの)

● 所有者(法人名義)と使用者が異なる名義で、所有者の住所・名称変更の場合

「所有者と使用者が同じ名義の場合」の必要書類の中で、車庫証明は必要ありませんがその他の書類は一緒です。(所有者の書類)

運輸支局で揃える書類

個人(代表者や社員など)や代理の人が申請する場合は、運輸支局内で申請書などの残りの必要書類を揃えます。

  • 申請書 (OCRシート 第1号様式) 無料
  • 手数料納付書 無料
  • 自動車税・自動車取得税申告書 無料

申請書(OCRシート)・手数料納付書は、国土交通省HPからダウンロードして印刷して使用することも出来ます。

申請書(OCRシート)のダウンロードはこちら → 国土交通省HP

ただ、書類によってインクジェットプリンターでの印刷は不可などがありますので、陸運支局で揃えるのがいいですね。

ナンバープレートが変更になる場合

使用者の住所変更や使用の本拠の位置の変更により管轄の運輸支局が変わる場合は、ナンバープレートの変更が必要になります。(大阪ナンバーから奈良ナンバー など)

普通車の場合は、リアのナンバープレートに封印がありますので車を乗って行き、新しいナンバープレートに封印をしてもらう必要があります。

プレート代は、管轄の運輸支局で異なりますが、1,500円~2,000円になります。

管轄が変わらない場合(大阪→大阪)は、プレート番号は引き継ぎますのでプレートの変更はいりません。その場合は、書類のみの申請になります。

プレート番号の変更が必要でない場合でも、プレート番号を変更したい場合は車を乗って行きナンバープレートの変更(番号変更)を同時に行えます。

・希望ナンバーの場合は↓↓↓

車の登録番号を希望ナンバーに変更(番号変更)予約~申請手続きまで
希望ナンバーに変更 予約から申請手続きまで みなさんご存じの「希望ナンバー」。新車や中古車の購入の時にナンバープレートの番号を自分の好きな...

必要な費用

  • 登録手数料(印紙代) 350円
  • ナンバープレート代 1,500円~2000円 (プレート変更の場合)

運輸支局に行ったら

事前に必要な書類が揃ったら、あとは管轄の運輸支局に行くだけです。

運輸支局内での手続きのやり方(窓口の順番)は、都道府県の運輸支局で少し違います。

まずは「申請用紙・印紙の売り場」に行き、「住所(名称)の変更をしたい」と窓口の人に言えば必要な用紙・手続きの順番などを詳しく教えてもらえます。

もちろん申請用紙の書き方を説明してくれる窓口なども教えてくれます。

あとは、言われたとおりにすれば簡単に申請出来ます。

書類さえ揃っていれば、思っているよりも簡単に申請手続きが出来ます。

その他の登録手続き・必要書類はこちら ↓↓↓

自動車の登録手続き 必要書類と自分でする申請手続きの方法
個人で申請(登録)する場合の必要書類と申請手続き 一昔前までは、自動車のいろんな登録(申請)に関しては車屋や行政書士などに依頼することがほ...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車屋のおっさんをフォローする
車なんでも.com