ドアバイザーって今でも必要なの?買うとしても安い社外品でも問題ない?

車のドアバイザーっている?いらない? カー用品・オプション品

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

年々、新車販売時にお客様から聞かれることが多くなったのが、

「ドアバイザーっている?最近、付けてない車も多くなってるみたいやけど」

で、ひと昔前は個人での新車購入時にほとんどの人が言っていいほど取り付ける用品だったけど、最近はそうでも無くなってきてるよねって感じの質問です。

たしかに年々、ドアバイザーを取り付ていない車(いらないっていう人)は増えてきましたが、全体で見るとまだまだ取り付ける人のほうが多いです。

なので、おっさんは自分の考え方は抜きで車屋としては、

「まだまだ必要ない(いらない)って感じにはなっていないけど、今はその人の考え方(ドアバイザーの必要性)で選ぶ感じにはなってきていますね」

って、いつも答えています。まぁ、余計悩んじゃうお客様もいますけど(^^;)

そこで、ドアバイザーの必要性ってところの考え方(判断の材料)をお話していきます。

それと、取付けるなら無難に純正品がいいのか、それとも価格の安い社外品(ネット購入など)でもいいのかってところもついでに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドアバイザーいらないよね?ってなってきている理由

「ドアバイザーっている?」って考え方の人も多くなってきている理由っていろいろあるんですが、大きなポイントで2つあって、

  • 車のデザイン自体が「ドアバイザー無し」で作られるようになっきた
  • 単純にタバコを吸う人が少なくなってきた

です。まぁ、時代とともに当たり前(必須アイテム)だったドアバイザーの必要性が少しなくなってきたってところですね。

車のデザインには邪魔?

ひと昔前(けっこう前やけど)までの日本車って、ドアバイザーを取り付ける前提で車のデザインを考えていたってところがありました。

スポーツカーやデザイン重視の車(高級車)、仕事車はそうでもなかったですが、普段使いの車ほど、そんな感じの(ドアバイザーありきの)デザインになっていました。

車全体の見た目がドアバイザーを取り付けていないと「なんか足りへんな、窓回りがノベ~ってなるなぁ」っていうイメージがありましたよね。

でも年々、ドアバイザーはいらないって人も少しずつ増えてきて、新型車の多くがドアバイザー無しの車両そのままでのデザイン設計が基本になってきました。

なので、最近の車両では逆に「ドアバイザーがないほうがカッコいい」「取り付けているとダサい」って感じのイメージに変わってきています。

現在でのドアバイザーって新車購入時の必須の付属品っていうわけでもなく、後付けの用品(便利なオプション)の1つって感じになっていると思います。

タバコを吸う人が少なくなってきた

喫煙者の減少、喫煙場所の限定で、喫煙者であっても車内でタバコを吸うっていうのが人かなり減ってきましたよね。

っていうか、だいぶ前から車内の灰皿やシガライターなんてなくなっていますもんね。

なので、ひと昔前の「タバコ吸うんだったら絶対ドアバイザーいるよね!」っていうのも無くなってきて、そもそもの必要性っていうのが少なくなってきました。

換気を考えるならその他の事でも必要なんですが、最近のエアコンも性能が良くなっているので、やっぱりタバコっていうのが一番大きなところやったと思います。

いるよね!(あったら便利)って人の考え方・メリット

ドアバイザーを取り付ける一番の理由(メリット)って、やっぱり雨の日でも少し窓を開けて換気が出来るってところですよね。

ドアバイザーとしての役割(取り付ける目的)そのままですけど(^^;)

それに、タバコを吸わないから(煙がこもらないから)といっても、その他に室内に匂いがこもる事っていっぱいあります。

食べ物の匂いとか、室内で誰かがクッサ~いオ〇ラをしたとか。

そんな時に雨が降っていてドアバイザーが無かったら、少しだけっていってもなかなか窓を開けれないですよね。

エアコンを外気にして風量をマックスにすれば少しはマシになると思いますが、窓を開けて換気に比べると弱いくて遅いです。

なので、やっぱりそういう時ってドアバイザーは必要やなぁってなると思います。

その他に、ドアバイザーがあるから少し窓を開けておけるってところのメリット(便利なところ)といえば、

  • 湿気の多い日や渋滞中などガラスの曇り防止になる
  • 駐車時でも換気が出来て気持ち安全
  • 夏場のちょっとした駐車時に室内の温度上昇を抑えられる
  • 寒冷地などガラスに雪がつきにくくなる

などで、いろいろなシチュエーションでメリットがあったりします。

スポンサーリンク

いらない!(必要ない)って人の考え方・デメリット

ドアバイザーは取り付けないって理由(デメリット)とよく言われるのが、

  • そもそもカッコ悪い・なんか古くさい(車のデザインが崩れる)
  • 費用がかかる(中途半端に価格が高い)
  • 洗車の時にバイザーが邪魔で窓ガラスを洗いにくい(隅汚れが溜まる)
  • 高速走行時にバイザーからの風切り音が出るからイヤ(うるさくなる)

ってところなんですが、そんないろいろ考えてドアバイザーを取り付けない事にしたって感じではなく、

「ドアバイザーあっても、そんな窓なんか開けへんけどなぁ。それよりもカッコ悪くなるし、何かと邪魔やわぁ」

って単純に(何となく?)「自分はいらんな!」って人が多いと思います。

ドアバイザーがバイザーしての役目が無いんやったら、見た目だけの飾りになるので、お金を出しまで取り付ける必要はないですよね。

なので、いるって思う人にはメリットのところも、いらない人(窓を開けない人)にはメリットでも何でもない逆にデメリットが多いって感じやと思います。

買うなら純正品がいい?安い社外品はどう?

とりあえずドアバイザーはいるかなって人でも純正品のってそこそこ価格がするので、安い社外品でもいいかなって人も多いと思います。

ネットで調べてみても、いろいろ価格帯の社外品って売られていますもんね。

でも、価格が安いからだけって理由で純正形状(ノーマルタイプ)を考えているなら純正品にしておいたほうがいい(おすすめ)です。

っていうのも、価格が純正品の30%ぐらいの価格で買えるけっこう安い社外品(ノーマルタイプ)とかもあるんですが、価格それなりってモノが多いです。

中古車を販売時にドアバイザーが無くって、この辺りの安いモノをサービスで取付けしたりする事もあるんですが、やっぱりイマイチなモノが多いです。

サービス(無料)なんでお客様も何も言ってこないですが、お金を払ってとなると「どうなんやろコレ?」って感じですね。

なので、社外品を買うのにしても純正の40%~60%ぐらいで品質もちゃんとしてそうなモノを選んだほうがイイと思います。

でも、社外品のドアバイザーって同じような感じのモノが多くて、どれを選んだらいいの難しい(ハズレを引く可能性が高い?)ので、無難に純正のほうがイイかなぁって思います。

ちなみにネットで買うならこんな感じの価格帯のモノのほうがいいかなぁって思います。(スズキ スペーシアの場合)

その他、同じような感じの商品でも店で価格に差があるので、ネットで買うなら失敗しないためにけっこう調べたほうがイイですね。

社外品のドアバイザー の価格を調べる!

まとめ

ドアバイザーを取り付けるかどうかで迷っているのであれば、取り付けておいたほうがいいんじゃないのかなぁっておっさんは思います。

やっぱり迷うってことは、ちょっと必要かもって思っていると思うので、たぶん取り付けないデメリットの大きいかもしれません。

まぁ、取付けない人ってけっこう迷わずに「自分はいらんな!」って感じなので(^^;)

ちなみに、おっさんは「絶対いる派」です。理由はたった1つ「マクドナルドのポテトを大好きで良く買うから」です。

窓を開けんと車に置いてたら、ちょっと間でも匂いがエライ事になりますもんね(-0-;)

車屋のおっさん

大阪で中古車販売店・損害保険代理店をやっています。
車屋としては、そろそろベタランぐらいの歴になるけど、気持ちは永遠の中堅!車業界の常識も日々変わってきているので毎日が勉強やと思っています。

車屋のおっさんをフォローする
カー用品・オプション品
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com