軽自動車の書類上の廃車・一時使用中止(検査証返納届)手続きの方法

軽自動車 検査証返納届

自分でする一時使用中止(自動車検査証返納届)

自動車を趣味で所有(保管)する場合や長期出張なでど長期間使用しない場合の書類上の廃車(検査証返納届)を

「車屋や行政書士に依頼せず個人(自分や知り合い)で申請する」

場合の手続き・必要書類・費用などの説明です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前に揃えておく必要なもの

  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用者の印鑑 (個人は認印でOK 法人は代表者印)
  • 申請依頼書 (代理人申請の場合 印鑑を持参する場合は不要
  • ナンバープレート 前後2枚

使用者と所有者が異なる名義の場合

必要書類は一緒ですが、出来上がった書類(検査証返納届書)に所有者の譲渡印を押す箇所があります。再登録(中古新規登録)などに所有者の押印が必要です。

● 所有者がクレジット会社名義(所有権留保)などの場合

  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用者の印鑑 (個人は認印でOK 法人は代表者印)
  • 使用者の申請依頼書 (代理人申請の場合 印鑑を持参する場合は不要
  • 軽自動車所有者承諾書など (ローン会社に連絡して手配します。)
  • ナンバープレート 前後2枚

所有者がクレジット会社(所有権留保)の場合は、クレジット会社に連絡して必要書類(軽自動車所有者承諾書など)を手配します。

所有権が付いているままで一時使用中止(検査証返納届)は出来ないので、所有権解除(使用者名義などに名義変更)を同時に行い、所有権をなくしてからの申請になります。

住所が変わっている場合

引越しなどで住所が変わっていて車検証の住所が前住所のままの場合、ナンバープレートの管轄が違う事務所・支所(違う管轄)では申請(手続き)は出来ません。

なので、現住所の管轄の事務所・支所で申請(手続き)するために住所(ナンバープレート番号)の変更を同時に行います。

一時使用中止(検査証返納届)と同時に住所変更などをしますので、上記の必要なものに追加で下記の書類がで必要になります。

  • 使用者の住所を証する書面 (住民票など 発行後3ヶ月以内のもの コピー可)

※ 管轄の事務所・支所が変わりますので検査証ではプレート番号が変わりますが、ナンバープレートは交付されませんのでプレート代は必要ありません。

事務所・支所で揃える書類

本人や代理の人が申請する場合は、事務所・支所内で申請書などの残りの必要書類を揃えます。

  • 検査証返納証明書交付申請書 査証返納届出書 (軽第4号様式) 無料
  • 軽自動車税申告書 (税止め申告書) 無料

※住所変更・所有権解除を同時にする場合の追加書類

  • 検査証記入申請書 (軽第1号様式または軽専用第1号様式) 無料
  • 軽自動車税申告書・自動車取得税申告書  無料

一時使用中止(検査証返納届)に必要な費用

  • 申請手数料 350円 (住所変更などの手数料は、無料)

管轄の事務所・支所に行ったら

事前に必要な書類が揃ったら、あとは管轄の事務所・支所に行くだけです。

事務所・支所内での手続きのやり方(窓口の順番)は、都道府県の事務所・支所で少し違います。

まずは「目に付いた窓口」に行き、「廃車手続きをしたい」と窓口の人に言えば手続きの順番などを詳しく教えてもらえます。

もちろん申請用紙の書き方を説明してくれる窓口なども教えてくれます。

あとは、言われたとおりにすれば簡単に申請出来ます。

書類さえ揃っていれば、思っているよりも簡単に申請手続きが出来ます。

その他の登録手続き・必要書類はこちら ↓↓↓

自動車の登録手続き 必要書類と自分でする申請手続きの方法
個人で申請(登録)する場合の必要書類と申請手続き 一昔前までは、自動車のいろんな登録(申請)に関しては車屋や行政書士などに依頼することがほ...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車屋のおっさんをフォローする
車なんでも.com