自動車保険の加入窓口の比較!代理店とダイレクト(通販型)その③

加入・契約・種類

その② のつづき ↓↓↓

自動車保険の加入窓口の比較!代理店とダイレクト(通販型)その②
その① のつづき ↓↓↓ 保険料が安いと言えばダイレクト保険(通販型)! コマーシャルなどで宣伝している保険料の安い保険会社の多...

総合代理店 (専業代理店 プロ代理店)って?

自動車保険では、総合代理店から加入するってイメージは少ないと思いますね。

総合代理店 (専業代理店 プロ代理店)とは、

「損害保険(自動車・火災・傷害)」「生命保険(医療)」「企業保険」

など、全ての保険を取り扱っている保険専門店(個人代理店)です。

自動車保険の窓口と言うよりも「町の保険屋さん」「知り合いの保険屋さん」って感じで知っている人が多いと思います。

どちらかと言うと、個人よりも会社(個人事業・法人)などの全ての保険を一括で引き受けている(任せられている)保険屋ってイメージがありますね。

コマーシャルをよくしている「保険の窓口」なんかは、いろんな保険会社の代理店をしていて大手の個人向けの総合代理店です。

兼業代理店(車屋が本業)のおっさんからすれば、保険のプロって感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合代理店から加入する自動車保険ってどうなの?

いろんな保険(火災・生命など)に加入している人や会社(法人契約)は、全ての保険を1つの保険代理店に任せているって場合も多いと思います。

自動車保険も、その中の1つの保険って感じですね。

おっさん(兼業代理店)から見ると、総合代理店は保険のプロ中のプロなので、

保険商品の知識・契約の進め方・手続きのスムーズさ・フットワークの軽さ

に関しては、さすがに勝てないなぁって感じですね(^^;)

しかし、自動車保険は他の保険と違って代理店に求められるのは、事故後の対応力です。

損害に対しての保険金の支払い(請求)の手続きをするだけではなく、事故がスムーズに完結するようにアドバイス出来ることが大事やと思います。

交通事故が起きた場合、本人(当事者)は事故の相手への対応や自分の車の修理の段取りなどを同時にしなくてはいけません。

この事故が起きた時の対応(アドバイス)力や知識は、やっぱり現場経験の多い車屋の代理店には勝てないですね。

ま~、本業が車屋なので当たり前ですが(^^;)

なかなか、総合保険代理店が事故を起こした時の段取り(車の輸送など)のアドバイスをするのは難しいかなぁって感じです。

なので、おっさんは自動車保険を総合保険代理店から入るのはどうかなぁって感じです。

おっさんの知り合いでも総合保険代理店をやってる人がいますが、

「個人のお客様の場合、事故の後の対応・アドバイスは難しい・分からない」

って感じの話をよく聞きます。

ただ、会社(法人)などの場合は、全ての車の管理をしている車屋(提携している修理屋)があると思うので、車屋と保険屋が連携して事故に対応することが多いです。

その場合は、ほとんど車屋の代理店と対応は変わらないか、よりスムーズな対応になるかもしれないですね。

総合代理店のメリットとデメリット

簡単に説明すると、

メリット

営業マン一人一人の保険商品全般の知識が兼業代理店・ダイレクト保険に比べて圧倒的に多いってところですね。

そして、いろんな保険を加入している場合、一括で管理しているのでいろいろ手続き(住所変更などは一括で出来る)がスムーズに出来ます。

この辺りは、お客様にとってはかなり楽で、手続きの手間やミスも減りますね。

それに、重複しても意味の無い保険(個人賠責などの特約)など、代理店は把握しているので、自分で考えなくてもいいってところです。

ま~、手続きなどに関しては、代理店任せに出来てお客様は楽って感じです。

デメリット

車屋ではないので車に関する知識や交通事故の対応の知識は少ないですね。

なので、事故後の車の修理の相談や相手側への対応のアドバイスはほぼ出来ないと思っていて正解やと思います。

自動車保険に力を入れている代理店は車屋と提携していることが多いので、修理工場を紹介してくれたりしてくれますけど。

それと、保険商品の全般の知識はさすがに多いですが、自動車保険の特有の商品(特約など)に関しての重要度は、イマイチ理解していない感じです。

絶対に入っておいたほうがいい特約、お客様の判断でいい特約などの勧め方(説明のしかた)が、やっぱり車屋の代理店とは違いますね。

車のグレード(車両)やお客様の車の使い方は、あまり重視せずパンフレットの説明レベルになっていることが多いとおっさんは感じます。

やっぱり他の保険に加入しているのかがポイント

そもそも、自動車保険だけ総合代理店で加入する人は少ないとと思いますね。

代理店側も他の保険よりも事故後の対応が難しい自動車保険だけの加入を勧めるところは少ないと思います。

ただ、知り合い(友達・親戚など)や仕事の付き合いで加入を勧める場合は別ですけど…

やっぱり、総合保険代理店で加入する魅力と言うのは

「全ての保険を一括で管理してもらって安心出来る」

と言ったところではないでしょうか。

まとめ

自動車保険をどこから加入するかは、他の保険(火災・傷害・生命)に比べて、

保険商品の内容・契約時の対応よりも事故の対応がどうなのか

が大きなポイントになると思います。

どこで保険に加入しても事故が起き場合、基本はその保険会社の専門の部署(損害部)が担当になります。

相手への交渉・保険金の支払いなど最も重要な部分の段取りなどは、ほとんど一緒ですね。(どちらかと言うと保険会社で違いはありますけど…)

代理店の事故後の役割といえば、お客様と保険会社の手続きのやり取り以外の

「個々のお客様の細かい相談・質問」「相手への対応のアドバイス」「いろいろなところの連絡係り」

やと思います。

代理店がないダイレクト保険などは、もちろん直接保険会社に相談・質問など出来ます。

ただ、お客様にとっては「すぐ連絡できる窓口」があったほうが気持ち的に安心出来るかと思います。

しかし、ダイレクト保険は代理店ない=保険料が安いというのも忘れてはいけません。

おっさんからすれば何回も言うように「自動車保険は車屋から」だと思っていますが、お客様の考え方がやっぱり一番やと思います。

加入窓口選び・比較は、代理店・ダイレクト保険などの仕組みやメリット・デメリットなどを把握することが最も大事なポイントですね。

なので、お客様の考え方や「車の使用状況」「金銭面」「知合い保険屋さん・車屋さんの有無」など状況に合った保険窓口を選びをしてみて下さい。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com