自動車保険の加入窓口の比較!代理店とダイレクト(通販型)その①

加入・契約・種類

車屋の代理店 or ダイレクト保険 or 総合保険代理店

一昔前の自動車保険の窓口はほとんど車屋の保険代理店でしたよね。

それに、どこから自動車保険(任意保険)に加入しても内容はほぼ一緒でした。(共済・組合系の保険は少し違います)

保険会社の数も多くなく、保険料金・保険内容・事故対応などもほとんど一緒でした。

加入先も「車を買った車屋」「知り合いの保険屋さん(総合保険代理店)」「仕事先の団体保険」「保険会社以外の○○共済・組合」などがほとんででした。

しかし、十数年前に国の規制緩和で保険業の新規参入がしやすくなったので、外資系企業・生命保険会社・その他いろいろな企業が続々参入してきました。

しかも、保険商品の販売方法・保険料金・保険内容などの規制も緩和されたので保険会社でいろんな違いが出てきましたね。

とくにネットの普及でダイレクト保険(電話やネットなどの通販型)が急増しました。

みなさんもTVのCMでよく見かけるようになったと思います。自動車保険もそうですが、「生命保険・医療保険(がん保険)」などはとくにCMしていますよね。

お客様からすれば、保険会社の競合で保険料の引き下げ・サービス向上などで良いことですが、逆に保険内容・保険料などで保険会社選びが難しくなったと思います。

「それじゃ~、どこから自動車保険に加入するのがいいの?」

って言うことで、保険加入の窓口は簡単に大きく分けて3つ

  • 新車ディーラー・中古車屋・修理工場なので自動車保険代理店(兼業代理店)
  • 代理店経由ではなく保険会社と直接契約するダイレクト保険会社(電話やネットなどの通販型)
  • 全ての保険(生命・火災・傷害など)を扱う保険専門の総合保険代理店 (専業代理店・プロ代理店)

です。(共済・組合系の保険は考え方が少し違うので省きます。)

そこで、それぞれの説明と比較をお話ししていきます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

車屋の代理店(兼業代理店)

新車ディーラーや中古販売店で車両購入時に一緒に保険に加入する、知り合いの車屋から加入するといった人が一番多いと思います。

なので、ほとんどの車販売店は、「自動車保険代理店」をしています。(最近は代理店をしていない車屋も増えたかな。)

ところで、車屋がどこの保険会社の代理店かと言うと、

「東京海上日動」「三井住友海上」「損保ジャパン日本興亜」「あいおいニッセイ同和」

などが多いです。よく耳にする昔からある保険会社ですね。

おっさんの店も、この中の1つの保険会社の代理店ですが、新車ディーラーなどの大きなところは、複数の保険会社の代理店(乗り合い代理店)をしてます。

車屋の代理店の一番の良いところは、「事故の時にいろいろな相談にのってくれる」「車の修理や今後の対応のアドバイス」です。

ダイレクト保険や総合保険代理店でも、もちろん相談にのってくれます。

しかし、自動車事故に関しては経験や情報などが飛びぬけているのであらゆる質問等に対応出来る代理店が多いです。

もしもの事故の時の保険なので、この辺は重要なところだと思います。

特に車両保険など自分の車で保険を使う場合は、いろいろ相談にのってもらえますね。

車屋の代理店のメリット

  • 事故が起きた時、全般の段取りや相手側への対応方法などの知識がダントツに豊富。
    会社のマニュアルではなく、今までの経験、過去のお客様との話などからいろんなアドバイスができる。
  • 窓口が車屋なので、車に関する事と一緒にいろんな相談(質問)が出来る。
    車の事を任せている車屋ならお客様の情報をよく知っているので、お客様にあった保険内容をアドバイスをしてくれる。
  • 家族内で車を複数所有している場合など、車屋は車両と保険の管理を一括でしているので、変更などあった時は便利。
  • 事故が起きた時、車屋=保険代理店なので保険の手続きと車両の修理の手続きを一括で出来るところが多い。
    事故後の車屋が段取りを一括して出来るのでお客様の手間(保険会社との連絡など)が省ける。

車屋の代理店のデメリット

  • 保険料だけでみるなら、ダイレクト保険の保険料の安さには勝てない。
  • 車屋の代理店は本業(車の売買が主)ではないので、やる気がない代理店もある。
    「とりあえず昔から代理店しているから続けているだけ。」なんて店もある。
  • 事故に対する知識は豊富だが、保険商品の(特に事故自体に関係のない特約 例えば入院時の特約など)などの知識が少ない。

車屋の代理店 保険代理店として良い店とは?

自動車保険の代理店の場合、他の代理店(生命・火災・傷害など)とは少し店側(店員・営業マン)の考え方が違うことが多いですね。

あくまでも本業(自動車販売など)がありますので、全ての保険代理店が保険販売に力を入れているとは限りません。

しかし、保険の話をするお客様=自動車販売のお客様になりますので、接客・対応などが悪いなどと言うことはありません。(逆に良い店が多い)

それに保険の知識が少なくても事故に関する大事なポイントは掴んでいるので説明などで、お客様が不安に思うようなことはないと思います。

なので、保険代理店として良い店なのか悪い店なのか対応や店構えで判断するのは難しいと思います。しかし、意外と簡単な見極め方があります。

保険販売に力を入れていない代理店は、商品パンフレットを揃えていない、お客様からご要望がなければ保険をあまり薦めません。

逆に言えば、保険を薦める代理店は力を入れていると言うことになります。

もっと簡単なのは、直接聞いてみることですね。

「保険販売を頑張っている?」と聞けば素直に「頑張っているんで、ぜひ加入して下さい。」「一応、代理店はやってますよ。」など簡単な答えが返ってくると思います。

車屋の保険代理店の選び方の考え方は、

「保険販売に対して力をいれている・頑張っている」=良い店。

「車屋なのでとりあえず代理店をしている。頑張っていない」=あまり良くない店

ってとこですかね。(かなりおっさんの偏った意見になったかな…)

その② につづく ↓↓↓

自動車保険の加入窓口の比較!代理店とダイレクト(通販型)その②
その① のつづき ↓↓↓ 保険料が安いと言えばダイレクト保険(通販型)! コマーシャルなどで宣伝している保険料の安い保険会社の多...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
加入・契約・種類
車屋のおっさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
車なんでも.com