車上荒らしの対策って何をすればいい?自分で出来ることって少ない?

対策はいろいろあるけど必ず防げる対策はない!


車の盗難は特別人気のある車種などの限られるので、普通の車に乗っている人はあんまり考えたことはない思います。

やっぱり、みなさん気になるのは、「誰でも被害に遭う可能性がある車上荒らし、車内品の盗難」やと思います。

とくに、「高いカーナビや電装品を付けている車」「仕事道具を常に積んでいる箱バン」などは車上荒らしに遭う可能性が高いので心配ですよね。

おっさんは、お客様から「車上荒らしに遭わない対策はないの?」って聞かれた時、

「車上荒らしに遭う可能性を低くすることは出来ても、やられる時はやられますね。」

って、よく答えてます。

そこで、対策についておっさんの仕事上の経験から勝手な話をしていきます。

スポンサーリンク

自分自身で出来る対策、心掛けておくことが大事!


コンビニや飲食店などの外出した時の駐車場での「車内に置いている、かばんや貴重品・タブレットなど」狙いの車上荒らしは、自分の心掛け次第でかなり防げると思います。

ズバリ、車内に高価(売れそうな物)は置いておかないことです。

泥棒も盗む物がないのに車上荒らしなんてしませんから。

ちょっとの間だからといって、かばんやタブレット・ノートパソコンなどを車内に置きっぱなしにする人は多いですが、もってのほかです。

とは言っても手荷物の多い場合、買い物をした後や旅行などで荷物が多い場合は、どうしても車内に置いてしまいますよね。

その場合、高価な物(売れそうな物)を見えないようにすることが重要です。

シートの足元に置き上に何かをかぶせる(服など)、トランク(ラゲッジルーム)などの見えない(見えにく場所)に置いたりすることを心掛けることが大事です。

それだけで、車上あらしに遭う確率がぐんと減ると思います。

ただ、絶対に大丈夫ということはないので、出来るだけ車内に荷物を置きっぱなしにしないようにするのが一番の対策やと思います。ま~、それしかないですよね。

カーナビや電装品など車に取り付けている物に関しては計画的犯行がほとんどなので、あまり自分自身での対策方法は少ないと思います。

車両自体に出来る対策


数年前ぐらいの乗用車であれば新車から、多くの車種にセキュリティーシステムが標準装備されています。

車の盗難対策には「イモビライザー」、車上荒らしには「ドアを開けた時にホーンとウィンカーで警報」といったものです。

しかし、すべての車に標準装備されているわけではなく装備されていても簡単な仕組みなので、効果的には低いですね。

たぶん、泥棒も標準装備のセキュリティーはあまり警戒していないと思います。

警戒していても対処方法はいくらでもあると思っていますね。

やっぱり後付けのカーセキュリティーは効果的!


後付けのカーセキュリティーと言えば「VIPER(バイパー)」や「HORNET(ホーネット)」などが有名ですよね。

後付けのセキュリティーの何がいいのかと言うと、

  • スキャナー(ダッシュボードで光っているもの)を付けれる
  • いろいろなセンサー(振動やガラス割れ音で警報が鳴るなど)が後付け出来る
  • その他、いろいろな機能がある。(オプションが多い)

といった、車種や用途に合せて1台ごとに仕様を作れるところが大きいです。

この中でもスキャナーは効果的で付けていると泥棒にもセキュリティーを付けている(作動ししている)ことが分かるので、安易に車上荒らしをされる可能性は減ります。

スキャナー

とくにコンビニや飲食店などの外出した時の駐車場での「車内に置いている、かばんや貴重品・ノートパソコンなど」狙いの車上荒らしは、けっこう防げると思います。

泥棒も数ある車の中からリスクがあるのに後付けのセキュリティーを付けている車をあえて狙ったりはしないですもんね。

スモークフィルムを張る!


スモークフィルムと言えば「車内の暑さ対策」や「見た目(ドレスアップ)」などのイメージがありますが、車上荒らし対策でも効果的です。

とくに窓ガラスが大きく車内が見えやすいワゴン車や仕事などで使う箱バンなどにはかなり効果的です。

車内に物を常に置いている場合の車上荒らし対策としては、車内の物を見えにくくする・見えないようにすることが一番重要です。

仕事で使っている箱バンなどは高価な仕事道具を常に積んでいることが多いので、標準でスモークガラスになっていても、さらに濃いスモークフィルムを張ることは必須となっていると言ってもいいぐらいですね。

カーナビ・電装品 狙いの車上荒らし対策は難しい


カーナビなどの電装品の盗難対策としては、やはり「カーセキュリティー」が一番やと言う人が一番多いと思います。

しかし、ある程度の対策効果はあってもプロの泥棒にかかればあまり意味がないですね。

ガラスを割ってすぐに盗める「車内に置いている、かばんや貴重品・タブレットなど」とは違って、カーナビなどは「取り外す手間と知識」が必要です。

カーナビなどを狙う泥棒は電装品の知識もあって、下見を何回かしたりして盗みやすい時間帯や場所を選び計画的に犯行におよぶことがほとんどです。

なので、車のある時間帯が分かりやすいマンションの駐車場や契約している駐車場での犯行が多いですね。

もちろん、カーセキュリティーが付いている車も事前に把握されています。

正直、そんな泥棒に対しての対策は難しいですね。

対策としては駐車場の場所(環境)を選ぶことですけど…


プロの泥棒に狙われてしまったら自分で出来る対策で車上荒らしを防ぐのは、なかなか防ぐことは難しいと思います。

自宅の駐車場であれば、防犯ライトなどの家の防犯対策と同じような対策があると思いますが、マンションの駐車場や契約している駐車場は難しいですね。

出来る対策としては、車上荒らしの多い駐車場は避けるといったことですが、車上荒らしだけのために駐車場を選ぶというのも難しいですよね。

まとめ


たぶん、車上荒らしの対策を考えている人(心配している人)は、まわりに車上荒らしに遭った車が多かったり高価なカーナビ(電装品・オプション)を付けていたりする人が多いと思います。

車上荒らし対策は、地域や駐車場の環境・車の使用状況によって「本人が出来る対策」「車両にする対策」が効果的であったり無意味だったり実際はバラバラです。

ただ、いろいろな対策をしていると車上荒らしに遭う確率(可能性)が少なくなることは間違いないです。

大事なのは、車上荒らし対策をする時に「車内の何が盗まれる可能性があるのか(心配なのか)」で自分の車に合った対策をすることです。

対策についてはネットなどで、いろいろな対策を調べることは出来ると思います。

しかし、自分の車に合った対策を調べるのはなかなか難しいかもしません。

一番いいのは車のプロに聞くことですね。

とくに車上荒らしに遭った車を修理している車屋(修理屋)は盗難の手口や対策に関しての知識も豊富なので相談してみるといろいろとアドバイスしてくれると思います。

車上荒らしの対策って何をすればいい?自分で出来ることって少ない?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする