車の買取り・下取りの査定額アップのポイント!まずは車を掃除する!

査定前に車をキレイにすれば査定額が変わるかも!


自分の愛車を売る場合、一番最初に気になるのが「査定はいくら付くのか?」ですよね。

売却だけで買取店に出す場合も、買い替えで下取りに出す場合も少しでも高く査定が付いてほしいものです。

ま~、当たり前の話ですけど(^^;)

でも、査定に行く前に「ちょっとでも査定をよく高く売る準備」ていうのを、していない人って意外と多いんですよね。

車屋が査定する時の基本的な内容は、

「グレード」「年式」「ボディーカラー」「走行距離」「修復歴」「全体の程度」「外装のキズの度合い」「室内の程度」「オプションの有無」

で、この総合的な評価になります。

ただ、この中で査定前に本人が出来る査定の評価を良くする項目があります。

それは、「全体の程度」「室内の程度」をよく見せることです!

スポンサーリンク

ポイントは、普通に掃除するだけ!


「洗車をしてキレイにすれば査定も上がる」とよく言いますが、半分正解です。

キレイにすると言っても、時間をかけてWAXをかけたり汚れをキレイに消したりするのではなく、普通に洗車・掃除するだけでOKです。

キレイにすると言うよりも、外装の汚れを落し、室内のホコリやゴミ・食べ物のカスなどを片付けると言ったほうが正しいですね。

でも、やっぱり単純に考えると

「車のキズを消したりしてピカピカにしたほうがいいんじゃないの?」

って、思われるかもしれませんが、査定前に一時的に個人レベルでピカピカにしたからといって査定員が「キレイな車!」って思うことは正直少ないです。

「来る前に一応、洗車して店に来たかなぁ」って程度ですね(^^;)

どちらかと言うと『キレイにしている=程度が良い』といって感じではなく、『日ごろから掃除をして丁寧に乗っていた=程度が良い』と査定員に思わすことが大事ですね。

ちなみに車屋が程度が良い車って思うのは ↓↓↓

キレイに乗っている車とか程度の良い車って思う、車屋の見方と考え方
個人(ユーザー)と車屋では車の見方が少し違う みなさんは、「キレイに大事に乗っている車」「程度の良い車」って、どん...

理由その1 査定しやすくする。


正直、相手はプロですのでユーザー(素人)が一時的に洗車をしたからといって本来の車の程度をごまかして査定が上がることなどないですね。

洗車・掃除をして車をキレイにしてよく見せようとするのではなく、

洗車・掃除をしてれば、外装のキズや室内のシミ(こすり痕)・修理痕(鈑金塗装の有無)が分かりやすくする

っていうところです。

査定する人も車が汚れていたりすると「キズや修理痕などを見逃していないか」など弱気になって、自信がなく査定を安くしてしまいがちだからです。

しかし、外装の汚れもなく室内も無駄な荷物やゴミなどが無ければ、隅々まで見ることが出来て自分の査定に自信が持てます。

キレイ=査定がしやすい(見やすい)=査定に自信がもてる=ギリギリの高額査定が提示できるって感じになりますね。

理由その2 査定する人の印象が変わる


車屋の車両の程度の見方で、

「定期的に洗車・室内の掃除をしている人はメンテナンスもしているだろう」

と思っている車屋がけっこう多いです。

実際に洗車を定期的にする人は、まめにエンジンオイル交換やワイパーなどの消耗品の交換をしているって人が多いです。

逆に洗車はまめにするけどオイル交換はあまりしない人と言う人はほとんどいませんね。

ま~、オイル交換はしても洗車はしないって人はけっこういますけど。

なので、「この人は車を定期的に洗車している」というイメージを車屋に持たせれば、その車は程度の悪い車(メンテナンスをしていない車)と思われにくいですね。

そうなると「全体的な程度」での査定ダウンの要素が少なくなることがあります。

理由その3 車に愛着があると思われることが大事


車屋が査定をする時にお客様に

「大事に乗っててん、愛着があんねん。査定たのむで!」

などと言われてしまうと困ってしまうことがあります(^^;)

いわゆる「情に訴えて、査定員にプレッシャーかける」作戦です!

査定員も安く査定してしまうと、なんとなく怒られてしまうような気がして、気持ち査定額を上げちゃったりしてしまいますね。

実はコレ、よくある話です。けっこう効果的です!

なので、車に愛着があって丁寧に乗っていたって思わせることが大事ですね。

それには、やっぱり全体的な汚れや室内のゴミなども日ごろから気にしているって感じにするのがポイントです。

逆に車が汚れていたり、室内にゴミなどがほったらかしになっていたりすると査定員に

「あんまり車に興味なさそうやから査定額もこだわってないかなぁ」

って思われてしまう場合が多いです。

そうなっっちゃうと、言い方は悪いですが足元を見られて査定額が基本より少し安く言われることがありますね。

車をキレイ(洗車や室内の掃除)にする時の注意点


よく査定前に車をキレイに見せるために洗車のついでに小細工をする人がいますね。

外装の擦り傷などタッチペンで塗ったり、プラスチックモールや室内の樹脂部分(ダッシュボードなど)に艶出しWAXなど吹いたりする人がいます。

しかし、なるべくやめといたほうが良いですね。

正直、プロが見れば日ごろから色々気にしてやっているのか、査定前にゴマかしで1回だけしているのかはすぐ分かっちゃいます。

しかも「他に何か隠しているキズや汚れがあるかもしれない」って、あやしまれて余計に細かく見れらることもあります。

逆効果になることもあるかもしれないです。

とくに外装のキズなどは大きく査定額に関わる部分なので筆塗りなどしないほうが、キズの具合がはっきりと分かって査定しやすいので良いと思います。

それに筆塗りなどしてもキズを見逃すことはなく査定額に全く影響ありません。

樹脂部分の艶出しWAX(スプレー)などにしても理由は一緒ですね。

樹脂部分も良くなり昔みたいに白ボケたりしないので、艶出しWAXをしている理由が何かあるんじゃないかと逆に疑われたりします。

でも、日ごろからしている車は別ですけど。もちろん良い事ですし見れば分かります。

まとめ


車屋はお客様から買取り・下取りした車は必ず商品化するために洗車・掃除・キズが有れば補修をします。(車の価値を上げる為に)

もちろん、入庫前にお客様が洗車などをしていても関係なく1度キレイにします。

なので、お客様の売却前のキレイに見せるためだけの洗車などは正直、無意味と言ってもいいかもしれませんね。

しかし、査定前に洗車や室内の掃除・片づけをすることは査定する車屋の印象を良くすることは間違いありません。

必ず査定額が上がるという事はないですが、査定額が下がる要素は少なくなります。

もちろん、外装のキズや凹みなどは査定額に関わりますが、キズがある=程度の悪い車には直接ならないので何か対策をする必要はありません。

キズ凹みなどは、そのままの状態で査定に出すのが良いです。

一番大事なのは、日ごろから車を定期的に掃除している・大事にに乗っているなどの印象を査定員に持たせることやと思います。

車の買取り・下取りの査定額アップのポイント!まずは車を掃除する!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする