カーナビの種類・比較 自分の使い方に合ったナビを簡単に選ぼう!

種類も価格もいろいろ、でも選び方は意外と簡単?


みなさんはカーナビを購入する時、どんな選び方をしてますか?

おっさんの店の場合、車の購入時などでお客様からナビの取付(販売)を依頼された時、

「どんなナビがいいです?予算は?機種は決まってますか?」

と聞くと、ほとんどのお客様が

「普通のやつでええよ。手頃な価格で性能の良いナビで。おまかせで!」

って答えが返ってきてちょっと困ることがあります。

カーナビも家電製品(TVやオーディオ)と一緒でメーカーの違いや機能の違いなどでたくさんの種類があります。

しかし、家電製品みたいに購入時にいろいろ調べたりメーカーの違いなど検討する人は意外と少ないと思います。

「車の事は詳しくないから、調べてもよく分からない」って感じの人が多いですね。

そこで、車屋のおっさんが思うカーナビ選びのポイントを説明しています。

スポンサーリンク

まずは形状を選ぶ


形状の種類は、大きく分けて2種類です。

  • AV一体型2DINナビ(埋め込み型の普通のナビ)
  • ポータブルナビ(ダッシュボードの上に貼り付け)

その他にインダッシュナビ(モニター収納型)やオンダッシュナビ(モニターをダッシュボード上に、ナビ本体が別の場所)などもあります。

ただ、このような形状のナビは上グレード(高価格)や特殊な車種のみ用にになっている為、普通はおすすめはしていないですね。

車の用途(仕事や使い道が限られている)や予算が少ない場合を除き、「普通のナビ(AV一体型2DINナビ)」をお勧めします。

詳しくは↓↓↓

カーナビの形状の選び方 AV一体型(普通のナビ)orポータブルの比較
オーディオが付いている車に取り付けるカーナビは? 最近の個人で使う乗用車には、ほとんどカーナビ(AV一体型)が付い...

記録メディアの種類


機能や性能と同じくらい、地図データーや検索情報・録音した音楽データーなどを保存する記録メディアでカーナビの価格が大きく変わっていきます。

この記録メディアは、パソコンなどの製品と一緒で年々進化していき、時代ごとに主流メディアが変わってきていますね。

SDナビ(メモリーナビ) 一番多いタイプ


現在売れているナビの全体の80%以上がこの種類です。(もっと多いかな?)

SDカードに地図データーや情報などが入っているタイプですね。

一番売れている理由としては価格が安く出来るというところです。

数年前まではHDDナビ主流で、機能の少ない・情報量の少ないポータブルナビにSDが採用されることが多かったです。

しかし、技術の進歩により十分な記録メディアになったので、価格が安いSDナビが主流になりました。

普通に使うのであればSDナビで十分やとおっさんも思います。

なので、お客様がとくにこだわりなどがなければSDナビをお勧めします。

HDDナビ 現在は上グレード(高価格モデル)に多い


ほとんどのメーカーの上グレードモデルはHDDナビが多いです。

HDDナビの特徴としては「大量に音楽の録音ができる」「情報量が多い」ことです。

しかし、SDナビでも録音機能がある機種もあり情報量も十分なことから主流モデルではなくなり上グレードモデルのみになりました。

実用性に優れているというよりも「付加価値が付いた趣味の商品」って感じですね。

ただ、HDD自体が旧世代のメディアって感じになってきているので将来的にはなくなっていくかもしれません。

SSDナビ


その他に、SSDという記録メディアがありますが、HDDとSDの間ぐらいの感じです。

HDDに代わる次世代のメディアって感じですね。ノートパソコンなどに多く採用されているメディアです。

ただナビの場合、一部のメーカーの機種で採用されていますが、数はかなり少ないです。

パソコンでは、主流の記録メディアになりつつありますが、カーナビでは「SD」で十分といった感じになっていますね。

とくにこの「SSD」に関してはあまり選ぶポイントにする必要はないと思います。

機能を選ぶ ポイントはたったの5つ


主な機能の選び方はこの5つのポイントになると思います。

  • TVは、ワンセグ or フルセグ(地上デジタル)
  • DVDビデオを見たいか?
  • 音楽の録音機能は必要か?
  • ブルートゥース(Bluetooth)は必要か?
  • スマホ(iPhoneなど)を繋げたいか?

その他にいろいろな機能がありますが、ほとんどがメーカー別の付加価値になります。

その辺りは、趣味や好みの範囲の選び方にると思います。

やっぱり、一番売れているモデル(グレード)は、この5つの機能が全て付いている「フルセグ(地デジ)の中級モデル」ですね。

メーカーもこの「中級モデル」が平均的(売れやすい)価格に設定していると思いますので、基本モデル(グレード)と言ってもいいでしょうね。

その他に、「オプション(システム)の拡張性」も選ぶポイントになります。

ただ、「今後、拡張するかな?」ってナビ本体で選ぶよりも、その時に同時に買うオプション(リアモニターなど)で選ぶのが良いと思いますね。

「拡張性のある高いナビにしたけど結局、何も拡張せんかった(-o-;)」ってなるパターンって多いですから…

メーカー選びは、こだわりが無ければ価格で選ぶ


カーナビーのメーカーと言えば

  • パナソニック 価格は標準的
  • パイオニア(カロッツェリア) 価格は標準的
  • アルパイン 価格は少し高い
  • イクリプス(富士通)価格は標準的
  • ケンウッド 価格は少し安い
  • クラリオン 価格は少し安い

この6つのメーカーは、カーナビが出だして当初からあったメーカーで有名どころとも言えます。

一昔前は機能やナビの情報量に差がありましたが、近年は普通に使うのであればほとんど差は無いと言えます。

スマホのナビアプリなどを使って普通に使えると思った人は、どのカーナビでも不満を感じないと思いますね。

なので、好きなメーカーやこだわりが無ければ自分の使い方に必要な機能で選んで、その時の価格の安いメーカーにしても問題はないと思います。

ちなみに、

「一番普通に売れていてベタなメーカーってどこ?」

ってお客様に聞かれると、おっさんは「パイオニアの中級グレード」と答えてますね。

それと、その時期の価格(お買い得度)や市場の売れ行きによって「パナソニック」って答えることも多いです。

詳しくは↓↓↓

カーナビ選び 車屋がおすすめの社外品メーカーってどこ?
おっさんがお客様におすすめしているメーカー 社外品のナビを購入する時は、価格帯やメーカー・グレードがいろいろあって...

まとめ


おっさんが思うところ、ほとんどの人がカーナビの全ての機能の半分も使っていません。

実際にカーナビの取扱説明書(太い本)を全て読んで理解している人なんて、ほとんどいないと思ってます。

でも、おっさんとこのお客様は1人いますけどね。すごい知識がある人です。(^^;)

実際は、カーナビもスマホのように基本的な機能はいろいろ操作していると分かるようになっています。

説明書を読まないと操作が分からない機能は、かなり付加価値機能で趣味で使うことが多く、普通の操作ではあまり必要ないと思います。

なので、おっさんは説明証を読まなくても簡単に操作できるぐらいのシンプルなカーナビで十分かなぁって感じです。

最後にカーナビ選びは、メーカーや種類(グレード)がいっぱいありますが上記に説明した内容で絞っていけば、1つのメーカーで2機種ぐらいまで絞れます。

あとは好きなメーカーや価格の比較などで選べばいいと思います。

カーナビの種類・比較 自分の使い方に合ったナビを簡単に選ぼう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする