自転車保険って必要?他の保険特約の個人賠償責任保険で十分!

自転車保険ってどんなもの(商品)?


年々、「自転車 対 自転車」「自転車 対歩 行者」での事故に対して加害者側(自転車に乗っていた人)に高額の損害賠償命令が出るケースが増えてきました。

そのようなこともあって、兵庫県や大阪府などは自転車保険の加入」が条例で義務化され、その流れは全国に広がってきています。

なので、新たに「自転車保険入らなくちゃ!」って思う人も多いと思います。

でも、ちょっとみなさん勘違いしているのは「自転車保険の加入の義務化」ではなく、

「自転車を乗る人(利用する人)の賠償責任保険の加入が義務化」です。

誰でも分かりやすいように自転車保険に加入ってなってますが、本当は自転車事故で相手(被害者)に賠償出来る保険なら何でもOKって感じです。

この加入義務となっている自転車事故でも対応(対象)とされる保険というのが「個人賠償責任保険」です。

ただ、「個人賠償責任保険」は、単体で加入出来る保険ではなく他の保険(火災や自動車)などの特約(オプション)になります。

この辺りが個人(ユーザー)にはややこしく「加入義務がある自転車保険って何?」ってなっちゃうんですよね。

スポンサーリンク

自転車保険は、既存の保険のセット商品


保険会社も義務化の流れで新しく「自転車保険」っていう商品名(ペットネーム)で販売するようになってきました。

ま~、共通の正式名称は無いので、保険会社によって商品名はいろいろです。

ただ、自動車保険のように「自動車専用の保険」といった保険ではなく自転車保険は、

今までにあった保険の「自転車事故もカバー出来る保険の組合わせ商品」

といった感じになります。

簡単に言うと、

  • 自分のケガなどが対象となる交通傷害保険(メインの保険で傷害保険の一部)
  • 相手(被害者)への賠償が対象となる個人賠償責任保険(特約として加入)

って感じで、セットにしたのが一般的に言われる「自転車保険」ですね。

ただ、保険会社によっては、セット内容に「自転車ロードサービス」などの独自のサービス(特約)を付けてる商品もあります。

自転車保険っていう1つの保険商品として売り出しているパターンですね。

「個人賠償責任保険」は既に加入している人が多い


条例などの加入義務の範囲で言えば「個人賠償責任保険」だけでOKですね。

ただ現在では、他の保険の特約やクレジットカードのオプションになっていて「個人賠償責任保険」のみで保険に加入することは出来ないです。

主にどんな保険の特約で付けれるかと言うと、

「自動車保険」「火災保険」「傷害保険」

などですね。

その他の保険の特約やオプションなどで一緒に加入することが出来ます。

ただ、みなさんはあまり意識していないかもしれないですが、保険の加入時に勧められて特約で「個人賠償責任保険」に付けていることが多いですね。

とくに「火災保険」では、他の特約を付ける時に「「個人賠償責任保険」をセットで入らないといけないことがあるので、知らずに付けていることが多いです。

なので、すでに「自転車事故での損害賠償」もカバー出来ているってことになりますね。

しかも、被保険者(保障対象の人)の範囲は、本人(記名被保険者や契約者)だけではなく家族なども入りますので心配する必要もないです。

これで、「義務化の条例」にも対応出来ますし、自転車事故で加害者になった時の相手への保障も安心です。

家族が入っている保険の特約に個人賠償責任保険を付けているかどうか分からない場合は、1度すべての保険証券など見て調べ直したほうがいいと思います。

けっこう「あっ、個人賠償責任保険に入っているわぁ」てことが多いですね。

逆に、家族の誰かが加入している全ての保険で、どれもこの「個人賠償責任保険」を特約に付けていないことも当然あります。

その場合は「自転車保険」に加入するより、どれか1つの保険に特約として付けるほうが、おっさんはいいと思いますね。

保険料も、年間で1500円前後で付けやすい特約です。

個人賠償責任保険の内容・保険料は ↓↓↓

個人賠償責任保険(特約)ってどんな保険?自動車保険で必要な特約?
注目すべきは自転車事故も保障範囲でカバー出来る! 自動車保険の特約で自動車の事故に直接関係がない特約があります。 ...

自転車保険で傷害保険の部分は必要?


ほとんどの自転車保険は、交通事故を起こした時に「死亡時○○百万円」「入院時 一日○○○円」の保障が付いています。

これからの時代、自転車に乗るのであれば必要な保障みたいな感じでの売り込み(宣伝)になっていると思います。

ま~、この部分はメインの傷害保険(交通傷害保険)の内容の一部ですね。

個人賠償責任保険を単体で販売することが出来ないので、交通傷害保険の一部とセットにして「自転車保険」にしているといった、そのままの感じですね。

正直、この交通傷害は昔からある保険なので、本当に必要と思う人であれば傷害保険や医療保険・生命保険の特約などで加入していると思います。

逆に今まで、日常生活での自分(家族)のケガなどのことを考えても「傷害保険に加入する必要はないかなぁ」って思っている人も多いと思います。

その場合は「自転車保険の中の自分に対する補償」は、あまり関係ないと思いますね。

傷害部分の保険料にしても、「自転車保険だから安い」ってことはないですし、交通傷害を単体で加入しても同じような内容で同じような保険料です。

そもそも、「自転車保険の加入の義務化」は相手への賠償責任保険の義務であって、自分への保障は義務にはなっていません。

なので、おっさんの考えとしては「自転車保険」に加入する理由として、この「傷害保険」があるからといった理由はちょっとおかしいかなぁって思いますね。

無料のロードサービスは必要?


自転車保険を販売している保険会社の中には、自動車保険のように「ロードサービス」が無料で付いてるところがあります。

内容は保険会社で異なりますが、自動車保険のロードサービスの自転車版ってとこです。

ただおっさんは、付いていれば便利やと思いますが、実際は無料ではないので、

「それって、そんなに必要?だからって自転車保険の売りになる?」

って、単純に思っちゃいますね。

たぶん、買い物に行った時などにタイヤのパンクやチェーンが外れたりのトラブルにも対応してくれると思います。

ただ、このロードサービスがどれくらい車のロードサービスみたいに役立つのか疑問なところです。

正直、何かあってすぐに来てくれるのか分からないですし、待っている時間を考えると普通に今までに経験したような対処をしたほうが早いんじゃないかなぁって思います。

ただ、自転車が趣味で遠方によくツーリングに行く人であれば、山の中のトラブルなどにはこの「ロードサービス」は価値のサービスかもしれまんせんね。

正直、おっさんは自転車のロードサービスの良さがイマイチ分からないので「どうなんやろ~?」って感じです。

まとめ


上記の説明で分かると思いますが、おっさんは「自転車保険」は必要ないと思います。

現時点では、相手への賠償部分は「個人賠償責任保険」なので、他の保険の特約などに付けていれば十分です。

傷害の部分(自分への保障)が欲しい場合は、どちらかというと傷害保険や市民共済などに加入したほうが気持ち安いかもしれないです。

ただ、この先、自転車の事故が多くなり当たり前のように賠償責任が発生するようになれば、「自転車専用の保険」が出来るかもしれないですね。

その時は、個人賠償責任保険の内容で「自転車事故は対象外」になると思うので「自転車保険」に加入しないといけないようになるでしょうね。

自転車保険って必要?他の保険特約の個人賠償責任保険で十分!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする