車のボディーコーティングって必要?高いけどその分の価値ってある?

必ずやったほうが良いってものではない


お金を払ってボディーコーティング(プロ施工)をする人って増えましたよね。

コーティングを勧める車屋も増え(とくに新車ディーラー)、専門の業者も増えてきて知名度も上がってきましたもんね。

とくに新車購入時に「新車だから」って理由だけで施工する人はかなり多いと思います。

ま~、新車購入の時って数百万って高い買い物になるので、そこそこ高いコーティング費用でも「ま~、いいかぁ」って、なっちゃうんでしょうね。

ただ、お金をかけているので、それなりの効果はもちろんありますが、全ての人が「やって良かった」「払った分の価値があった」っていうのは別の話です。

そこで、おっさんが、ちょこっとコーティングの必要性とメリットとデメリットの考え方の話をしていきたいと思います。

ちなみにおっさんは、“アンチボディーコーティング派”ですけど(^^;)

スポンサーリンク

手入れしてこそのボディーコーティング


まず、プロがする施工のコーティングの必要性についておっさんの偏った考え方です。

新車を購入を考えているお客様から、よく聞かれる事の1つが、

「新車を買う時って、みんなボディーコーティングしているけど実際どうなの?」

っていうようなことですね。その質問におっさんは、

「ちゃんと定期的に洗車する気持ちがあって、よりキレイに維持したいんやったら値段なりの価値はあって良いですけどね」

って感じの答えをすることが多いです。

正直、こんなことを言っちゃうと、ほとんどの人が余計悩んでしまいますね(^^;)

何故なら、なんとなくコーティングを考えている人のほとんどは単純に「ワックス(洗車)しなくても大丈夫」ってイメージだからと思います。

ワックスやこまめな洗車などの手間(時間)を省くために高いお金を払ってコーティングを考えているのにって感じですね。

でも、本当は逆です!

そもそも、高~い料金を払ってプロが施工するボディーコーティングの考え方は

これから通常よりキレイに維持(艶出しや保護)するための基本作業

なんですよね。

個人(素人)では完璧に出来ない塗装面の下処理と高価なコーティングをすることによって、個人が出来るレベルの洗車でキレイな状態を維持出来るってものです。

逆に言うと、施工するボディーコーティングに合った維持の仕方(洗車や定期的なメンテナンス)をしないと意味がないってものです。

なので、

  • ちゃんと日ごろの手入れ(洗車)を定期的に行う人=高いお金をかける価値はある 〇
  • とくに何もせず、汚れが酷くなったら洗車する程度の人=もったいないだけ ×

って感じですね。

新車の時にコーティングする人が多いのは何故?


はい、理由は大きく2つあります。

1つは、単純に新車購入時に営業マン(新車ディーラー)が勧めるからですね。

初期の見積書からナビやETCなどと一緒にボディーコーティン費用が入っていることがほとんどで「必要なオプション」っていうようになっています。

それに営業マンの勧め方もちゃんと内容を説明せず、なかなか強引ですね。

なので、お客様からすれば「新車やったら当たり前にすることなんかなぁ」って思っていることが多いからですね。

ちなみに新車ディーラーが勧める理由は ↓↓↓

新車購入時のボディーコーティング、ディーラーが勧める本当の理由
ディーラーの営業マンは、新車だからって言うけど... 新車の見積りをした時に何も言わなくても、オプションの欄に「コ...

もう1つは、新車の時のするほうが価格(料金)が安く出来るからです。

年数が経っている場合(中古車など)をコーティング(施工)する時は、まずは塗装面の下処理(準備)を行います。

下処理の内容(順番)としては、

  1. 汚れ落とし(洗車)
  2. ボディーに付いている鉄粉・水垢などの除去
  3. コンパウンド磨きで塗装面をキレイにする(小キズ消しなど)
  4. 脱脂剤処理

って流れです。ボディー(塗装面)の状態によって、個々に作業が違ってきますね。

この下処理の作業をちゃんとすることによって、コーティングの効果(仕上がり具合と持続力)を最大限に発揮出来ます。

なので、コーティング作業よりも重要な作業で時間と手間がかかり費用も高くなります。

ただ、新車の場合はそもそも塗装面がキレイなので下処理は軽い磨き(塗装面を整える)ぐらいで済みます。

価格の差で言えば、ヴォクシーなどの小型1BOXのガラスコーティングの場合、

  • 新車時 コーティング(簡単な下処理含む) 6~8万円
  • 中古車 下処理 3~7万円 コ-ティング 6~8万円 合計 9~15万円

って感じが、平均的価格帯やと思います。

個々の車両の下処理の度合いによってかなり費用が変わってきます。

そんなことから、コーティングするなら新車時のほうが安く出来るってことで新車時にする人が多い理由です。

でも、「コーティングするなら新車の時」っていうだけの考えですけどね。

VS ワックス(コーティングスプレー)する人は?


ま~、定期的(こまめ)に洗車だけはするって人であれば、ボディーコーティングをする効果や価値はあると思います。

ただ、まめに洗車して簡単なスプレータイプのコーティング剤も一緒にするって人であれば、ボディーコーティングは必要ないかなぁって思います。

もちろん、ダブルですれば効果は大きく、よりキレイな状態を維持出来ると思います。

この辺りは個人のよって、どこまでキレイさにこだわっているかで違ってきますが、普通ぐらいのキレイさで十分って感じであれば問題ないと思います。

それに、あえて固形ワックスを好んで使ような人(洗車や手入れ好き)であれば、それだけで十分ですね。キレイさを維持出来ます。

そもそもプロ施工のボディーコーティングは、「コーティングが長持ちする(数年程度)ので洗車が楽」っていうのが一番の特徴(効果)です。

定期的に自分でコーティングして効果(撥水・塗装面の保護など)を切らさないのであれば、効果的には同じですね。

艶(光沢)などの見た目に関してはやっぱり差が出るかもしれませんが、そこは自分の車に対する考え方ってところやと思います。

洗車(手入れ)をあまりしない人は?


お客様からすれば、自分で手入れ(洗車やワックス)をやらないのであれば、コーティングはあまり意味がないって言われても

「何もしなかったら、余計に車(ボディー)が悪くなるんじゃないの?」

って思っちゃいますよね。

そんな場合、おっさんは自分で洗車をあまりしないお客様に「月1回ぐらいのガソリンスタンドも洗車(洗車機)」をおすすめしています。

って言うのも、最近のガソリンスタンドの洗車(洗車機)は、なかなか良くて安いです。

料金も数百円程度で安く、撥水シャンプー(簡易コーティング)を使っている店も多く洗車の仕上がりにこだわっている店が多くなりました。

それに室内などの清掃も有料ですけどやってくれますし。

何よりも給油ついでに手軽に出来るっていうのもありますね。

「大事に乗ろうと思うなら自分で手入れするのが一番」って思っているおっさんですが、何もしないよりマシやと思います。

それに、最初に高いお金をかけてコーティングして後は何もメンテナンスしないよりも、費用面やキレイさの維持って事を考えても良いと思います。

ま~、やり方はどうであれ、とりあえず定期的に洗車をするっていうのがボディーにとって一番良いことだと思います。

まとめ


実際、新車の時にボディーコーティングをする人は多いですが、中古車購入時にする人ってかなり少ないですね。

やっぱり新車の時は財布のヒモが緩くなってるだけで、中古車の時はシビアに本当に自分に必要なのかを考えるからやと思います(^^;)

ってことは、本当は一般的にそんなに必要ではない商品なんかなぁって思いますね。

おっさんは、新車で当たり前になってきている今でも、高いコーティングに関しては「かなり付加価値な商品」ってイメージです。

「みんな、やってるから」って考えではなく、「自分は車が好きだから」とか「キレイに乗りたい」っていう考え方で選ぶ商品やと思います。

はい、こんな感じで、偏ったアンチな意見でした(^^;)

車のボディーコーティングって必要?高いけどその分の価値ってある?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする